マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

子育て

子供の鼻の中に物が入って取れなくなった時の対処法は?

投稿日:2018-12-13 更新日:

 

赤ちゃんがハイハイしだすと、周りの物に興味深々で何でも口に入れてしまう事はよく知られていて、気を付けている親御さんは多いかと思います。
3歳までには何でも口に入れる事はなくなり、一安心かと思いきや、今度は耳や鼻に小さな物を入れてしまのです!大体ですが6歳ぐらいまでの子がよくするのだそうです。

よく詰める物は、丸めた紙・ビー玉・豆・ボタン・小さなおもちゃなどです。
なんで子供って穴が開いている所に何でも入れたくなるんでしょうね?

昨日の話しですが、我が家でも4歳になったばかりの息子が鼻にレゴの小さな部品を鼻に詰めて取れなくなってしまいました!
今回は子供が鼻に何かを詰めた時の体験談と対処法を紹介します。

息子の鼻の中にレゴが詰まってしまった体験談!

 

私が夕食の準備をしている間、息子は私から1m程離れたところでレゴを組み立てて遊んでいました。レゴデュプロからレゴジュニアに半年ぐらい前からステップアップしました。
今まで口に入れたり、鼻に入れたりした事はなく、まさか鼻に入れるとは思ってもみませんでした!

夢中になって遊んでいる姿を時折目を配りながら料理をしていましたが、息子が突然泣き出し、何か言ってきました。
始めは何を言っているのかわかりませんでしたが、どうやらレゴが口?鼻に入って痛いとの事。口の中と鼻を覗いてもレゴは見当たりません。
もう一度聞いてみると泣きながら、やはり鼻の中にレゴが詰まっているというのです。
そこで息子を寝かせて、スマホのライトを当て小鼻を引っ張って中を見てみました。

すると鼻の奥の方で、透明のオレンジ色をした小さなレゴが反射してキラキラしているのです。思わずちょっと笑ってしまいましたが、これは大変だとかなり慌てました!
とりあえず息子は息が出来ているので、命に別状はない。と落ち着き、反対側の鼻を抑えて鼻をかませましたが、何回しても出てこない。

掃除機を使う?ピンセット?

お餅を喉に詰めたら掃除機で吸い出すって、どこかで聞いた事がある・・・いや、でも小さな子供の鼻に掃除機はまずいよね、きっと。

ピンセットは・・・うちには小さなピンセットはない!それにもしレゴを押してしまって、喉の方に落ちてしまったら窒息してしまう恐れがある。これは絶対良くない。

とりあえず、これは夜間開いている病院に行くべきだと思いましたが、車は主人が仕事で乗っていってるのでタクシーで行くしかない。ふと時計を見るとあと15分程でいつも主人が帰ってくる時間。
とりあえず電話しようと掛けたら、電源が入っていない!メッセージも送れない!
よりによって肝心な時に、充電がなくなっていたらしい。

息子の方は泣き止んでいたので、とりあえず大丈夫だろうと思い、病院に行く準備をして主人を待つ事にしました。
しばらくして主人に車で病院に連れて行ってもらいました。

病院で事情を説明すると、看護師さんに「どのタイプのレゴ?」と質問されたそうです。旦那がわからない。と答えると、まず言われたのが「お父さん、息子さんのレゴが詰まっていない鼻の方を手で押さえて、口から息を吹き込んで下さい」
主人は「えっ?口移し?」と戸惑ったそうですが、人工呼吸の要領で息子の口から息を吹き込んだらしいのです(笑)
すると・・・レゴが鼻の穴の手前まで出てきて、お医者さんが先が広がるピンセットでレゴを取り出して終了!

簡単に取れました!

看護師さんが言うには、子供がレゴを鼻に詰めて病院に来る人が多くて、色んな種類のレゴを知っているのだとか。

「なんだ~うちの息子だけじゃないのか」

となんだか笑ってしまいました。

で、息子に、なんで鼻にレゴ詰めたの?って聞くと、
「・・・・わからん」だそうです(苦笑)

それにしても、ネットで子供が鼻に物を詰まらせた時の対処法を調べた時は、大人が口から息を吹き込むなんて情報は見当たらなかったので、その方法にビックリです。

子供の鼻に物が詰まった時の対処法

子供がちゃんと呼吸出来ているなら、落ち着いて中を確かめます。

【自宅で出来る処置の方法】

・テッィシュの先を丸めて、反対の鼻をくすぐり大きなくしゃみをさせる

・細目のストローを短く切り、鼻の入口に当て反対側から大人が息を大きく吸い込む

・大人が物が詰まっていない方の鼻を抑えて、口から息を吹き込む

・子供自身が口から息を大きく吸い、物が詰まっていない方の小鼻を抑えながら「フンッ」と勢いよく鼻をかませる

それでも出てこない場合、よほど手前の方に詰まっていない限りは、耳鼻科に直行して取ってもらうのが安全です。
ピンセットで、ビー玉などの丸くてツルツルした物は取ろうとすると余計に奥に入りこんでしまう危険性があり、豆やナッツ類も中で割れてしまったら、鼻の粘膜を傷つけたり破片が鼻の奥に入ってしまうと気官を塞いでしまう恐れがあります。
紙類の場合は頭を固定し、ピンセットで取れる場合もあります。

まとめ

息子は4歳ですが、6歳ぐらいになっても鼻に何かを詰めたりする事もあり、詰めた物が出てこず、子供自身が詰めた事を忘れてしまい、鼻から匂いがしてきたり、片方の鼻だけ鼻水が止まらなかったり、血が出てくる事があります。
そんな事に気付かず過ごしていると、数か月後にクシャミをした時に出てきたりと、小さな子供にはよくある事らしいのです。

大人にはそんな事を何で子供がするのか理由はわかりませんが、
「退屈だった」「面白かった」「穴があるから何となく」など、子供は何も考えないで、やってしまうようです。

スポンサーリンク

-子育て

執筆者:

関連記事

歯ぐずりで泣く赤ちゃん、どうしたらいい?

  赤ちゃんの歯が生え始める時、痛みがあったりむずがゆかったりして泣く事があります。この症状は「歯ぐずり」と呼ばれていて、なかなか泣き止まない赤ちゃんにママは困ってしまいますね。 歯ぐずりの …

赤ちゃんの後追いに疲れたママ・・・どうしたらいい?

  赤ちゃんの成長過程である「後追い」 1歳前後に始まる事が多数で、長ければ2歳頃まで続く場合も。 余裕がある時は「まぁ可愛い!」なんて言っていられるかもしれませんが、トイレやお風呂まで付い …

トイレトレーニングに便利なグッズ5選

初めてのトイレトレーニング、ママにとっても子供にとっても大きな課題の一つで、どうやって始めたらいいの?必要な物は?と悩む事も多いですね。 「自分で歩いてトイレに行ける」「おしっこの間隔が2時間以上空く …

赤ちゃんのお世話と家事の両立はコツが必要!

  待望の赤ちゃんが誕生し、幸せいっぱい!のはずが、昼夜問わず赤ちゃんのお世話に追われて自分の事が全く出来ないどころか、家事もなかなか出来なくて困っているママさん!パパが手伝ってくれるといい …

トイレトレーニングを成功させる進め方!

トイレトレーニングをそろそろ始めようと思っているけど、いつ・どうやって始めたら良いのか悩みますよね。 子育てが始めてのお母さんがぶつかる一つの壁と言ってもいいぐらい、一筋縄でいかない事が多いものです。 …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント