マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

0歳

実はメリットもある、正しいおしゃぶりの使い方!

投稿日:

赤ちゃんが口にくわえてモグモグとしている物・・・「おしゃぶり」
歯並びが悪くなる。外す時が大変!などと聞いて使わないお母さん達も多いのですが、欧米やヨーロッパではおしゃぶりの種類も多く、たくさんの赤ちゃんが使っています。
実は上手に使えば、お母さんにも赤ちゃんに大きなメリットがあるんです!
おしゃぶりを使おうかと考えていたら、メリット&デメリットを知って正しく使ってみませんか?

筆者の息子はおしゃぶりをあまり好まなかったので使いませんでしたが、友人の赤ちゃんがおしゃぶりで泣き止んだり、眠りについたりするのを見て、なんて楽なアイテムなんだ!と感心しました。

おしゃぶりのメリット&デメリット

おしゃぶりのメリット

赤ちゃんが落ち着く
お腹の中にいてる時から指を吸っている赤ちゃん。おしゃぶりを吸う事で心の安定につながり、おしゃぶりを加えさせると泣き止んだり、寝かしつけの時にすんなり寝てくれたりします(寝た後はおしゃぶりを取ります)
ママは楽ちんです!

おしゃぶりのデメリット

2歳を超えて使っていると歯並びが悪くなったり、歯茎の発達に影響を与える。
1歳を過ぎて使いすぎると、口が塞がっている為に、言葉を発するのが遅れる可能性がある。

おしゃぶりの止め方

急におしゃぶりを止めるのは大変になりますので、徐々におしゃぶりなしの時間を増やしていき止める方法がスムーズです。目安は1歳頃から寝る前だけの使用にするなどして、一時的に使うようにします。その時に赤ちゃんの口が寂しくなり、指吸いをしたりブランケットを噛んだりするかもしれませんが、そのうちにしなくなりますので、心配する必要はありません。

まとめ

おしゃぶりにはデメリットがあるものの、子育てを少しでも楽にする為におしゃぶりを使うのは悪い事ではありません。

赤ちゃんが「泣き止む」「ぐずりがおさまる」「寝てくれる」とお母さんにとっては、おしゃぶりと使う事によって得られるメリットが大きいのです。
お母さんの疲れが軽減され、赤ちゃんの心の安定も得られとなるとハッピーな事ですね。

近頃では可愛いデザインのおしゃぶり、乳首の形状が違った物もあり、赤ちゃんの好みも様々です。
新生児の時から使え、大きさも月齢に合わせて小さい物から大きめの物まであります。おしゃぶりを始めた時は、赤ちゃんがどうして良いかわからず吐き出す事もありますが、何回か正しい位置に優しく置いてあげると慣れてきます。

出来れば新生児の間から使用すると、違和感なく赤ちゃんがおしゃぶりを受け入れる事ができます。

スポンサーリンク

-0歳

執筆者:

関連記事

新生児と安全に添い寝する方法は?

赤ちゃんが誕生し、産院から自宅に帰ってくると24時間無休の赤ちゃんとの生活が始まります。新生児は一日のほとんどを寝て過ごすので、快適&安全に眠りにつく事は大切な事ですね。夜間の間、添い寝にするか別々に …

赤ちゃんの昼寝、どこで寝かせる?寝かしつけ方法は?

赤ちゃんの昼寝、なかなか寝なくて困った事はありませんか?昼寝はリビングで?それとも寝室で?など、お昼寝時間は何時頃がいいの?などお昼寝について悩むママも多いのではないでしょうか? 我が家でも息子がなか …

赤ちゃんのおしりかぶれケア方法とは?

新生児の赤ちゃんの多くに見られる「お尻かぶれ」オムツでカバーされている部分に出来やすく、特にお尻によく見られます。女の子のおまた部分もかぶれやすい部位になります。 おむつかぶれは小さく赤いブツブツのも …

新生児~赤ちゃん 夏の湿疹・アトピー対策!

新生児~赤ちゃんのお肌に赤いブツブツが・・・しかも何だか痒そう! 赤ちゃんの手足の関節、首などは暑くなると汗が溜まりやすく、肌荒れを起こしやすくなります。 これらの部位に赤いブツブツが出来てきた場合は …

赤ちゃんの後頭部の絶壁を治す方法はある?

  赤ちゃんの後頭部が絶壁だったり、とんがっていたりするのは珍しい事ではありません。なぜなら生まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨は大人と比べて薄く、柔らかいので形が変化しやすいのです。 仰向けに …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント