幼児教育

【こどもちゃれんじ】ぽけっとを1年間続けてみた体験談を口コミ!

2020-10-16

【こどもちゃれんじ】ぽけっとは2・3歳向けの教材で、言葉のやりとり・自分で挑戦すること・社会生活の学び・ことば遊びなどをする内容になっています。

コースは2タイプ「保育園生活応援タイプ」「プレ保育/入園前応援タイプ」お子さんにあったコースを選ぶ事ができます。

我が家は保育園には通わず、翌年幼稚園に通う予定だったので「プレ保育/入園前応援タイプ」を選びました。

今回はぽけっとの教材で息子が気に入った物を紹介します!

【こどもちゃれんじ】ぽけっと 息子が気に入った教材

・音声タッチペン はてなんだくん(現在は、はてなくん)

現在はデザインが変更されていますが、音声タッチペンの機能は同じです。

タッチペンでことば絵本をタッチすると音声が出て、言葉のやりとりが出来るようになっています。市販の物でここまで内容が充実した物は見た事がなかったので、親の私が「すごい!!」と夢中になってしまった程です。もちろん息子もタッチペンが楽しくて、ずっと遊んでいました。

このタッチペンの凄いところは、後から届く教材と合体させて遊べる事。おみせやさんセット・レストランセットでのやりとり遊びがより楽しくなりますよ。

・おみせやさんセット

2・3歳の子供達は、私達大人がする事のマネをしたがります。お買い物ごっこが大好きなお子さんは多いのではないでしょうか?我が家の息子も大好きで「いらっしゃいませ~」「ポイントカードはありますか?」など実生活で使う言葉でやり取りし楽しんでいました。

みみりんカードをタッチペンでタッチすると「オムライスを作るの手伝ってくれる~?」と音声が流れるので、子供に「オムライスを作るのに何を買えばいいかな?」などと質問してやり取りをする事が出来ます。

実際にスーパーで買い物をしている時にも、やり取り遊びを出来るのですが、現実的には忙しくてバタバタしてたり、混んでいたり、子供がチョロチョロ歩き回ったりして、のんびりやり取りをしている時間がないのではないでしょうか?
(筆者はそんな余裕ありませんでした💦)

お買い物ごっこを通して、言葉のやり取りだけでなく、料理を作る時に何がいるのかな?お金はいくらかな?などの学習をする事も出来ます。

 

・おもてなしレストランセット

メニューを音声タッチペンでタッチすると音声が流れ、メニューの絵が何なのか子供にもわかりやすくなっています。

保護者の方が一緒に遊んであげれない時も、動物のお客さんカードとタッチすると注文をしてくれるので一人で遊ぶ事も出来ます。

 

 

・はなちゃんおせわセット

はなちゃんの洋服を着せたり、ミルクをあげたりお世話ができるセットです。息子はあまり興味を示さなかったのですが、女の子のお友達は、はなちゃんのお世話が大好きでした。女の子は小さい子のお世話が好きな子が多いような感じですね。

音声タッチペンワーク

音声タッチペンを使って、ことば遊びの他、ひらがな・数の練習をする事が出来ます。

息子が一番気に入っていたのは、動物達の鳴き声が聞けるワークで、繰り返し聞いて喜んでいました。

数や大きさを入園前までに練習できたのも、幼稚園入学後にスムーズに理解する事ができ良かったと思います。

ぽけっと絵本の良かった点

親として大助かりだったのが、絵本・DVDに出てくるマナー忍者・ライオンポリスの存在です!

2・3歳のお子さんをお持ちの保護者の方は、一度はこんな事に困った事があるのではないでしょうか?

・スーパー・レストラン・電車・バス内で走り回る
・お店で色んな物を触りまくり、商品の袋に指で穴をあける
・レストラン・電車・バス内で大きな声で話す
・交通量の多い場所で、保護者の方と手をつながず走りだす

マナー忍者・ライオンポリスが、上記の様な状況でしまじろうに「こんな事をしては良くないよ」と教えてくれているのです。

親と一緒にお出掛けする前に、何がいけない事なのか子供が知っておく事で、正しい行動をしてくれる可能性が高くなると思います。

我が家では、子供がしてはいけない事を忘れてしまっていてレストランで大きな声で喋ったりした時も「忍法ひよこの術!」と私(母)が言ってあげるだけで、子供はどうしたらいいか気付き、ひそひそ声で話す事を逆に楽しんだものです。

ぽけっと絵本のおかげで、筆者は息子とのお出掛け時のストレスが激減したと思っています。もちろん子供の性格にもよると思いますが。

子供がしてほしくない事をした後に叱るよりも、事前にお約束事として、してほしくない事を伝えておく方が効果的だと子育て本にもよく書かれています。

 

こどもちゃれんじ ぽけっとのまとめ

ぽけっとの内容だけで、入園前にしておきたい早期学習が楽しく学べるのが最大のメリットでしょう。

2・3歳の子供が興味を持ちやすいテーマのエデュトイが付いてくるので、自分で探す手間が省け、市販の物よりも楽しく興味を持てる物が多いと感じています。

保護者向け冊子に「2・3歳のイヤイヤ期の対応の仕方」や他のママ達が工夫している事などが紹介されていて、役立つ情報が満載です!

現在は年長さんになった息子ですが、「ぷち」コースから「じゃんぷ」コースで学んできた事が確実に身に付いた事を実感し、やっていて良かったなと思います。

お子さんと充実した時間を過ごしたいと考えている保護者の方、こどもちゃれんじのコースは年齢に合った内容で、楽しく学ぶ事ができますのでオススメですよ♪

 

 

こどもちゃれんじについてもっと知りたい方は、公式サイトでご覧ください。

【無料】資料請求をしてみる

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-幼児教育

© 2021 マムズインフォ