子育て

離乳食期のお出掛け~ママ楽々準備でストレスフリー!

2020-02-21

赤ちゃんとのお出掛けは、オムツにお尻拭き、着替えにと荷物が増えがちで、大人1人で連れて出掛けるのはハードルが高いと感じる方も多いでしょう。

さらに上に、まだ手のかかる子供がいると外出する事が億劫になって、やめておこうと思ってしまいがちです。ですがどうしても外出しなければいけない事もありますし、ずっと家にひきこもっていては、ママも子供も退屈してしまう事もありますよね。

そこで離乳食期の赤ちゃん連れでも、出来るだけ準備に手がかからず、外出先でもさっと食事をあげれるように準備して出掛けましょう!

離乳食初期

離乳食初期(生後5~6ヶ月)はまだ固形物を食べれない段階ですので、家でも10倍粥やすり潰した果物・野菜などを与えている時期です。離乳食を与える回数も一日1回なので、朝に自宅であげても良いですね。

この頃はまだ食べる練習をしている段階ですし、食べる量も少ないですので外出時に離乳食を持ち歩く必要はなく母乳やミルクだけでも十分に赤ちゃんのお腹は満たされます。

外出中でも離乳食をあげたい方は、市販で「キューピー」や「和光堂」から出ている離乳食初期の瓶詰めの物があります。外出先でパウチだとそのままあげにくいので、瓶詰めの物がオススメです。

キユーピーベビーフード 瓶詰 (6種×2個) 5ヵ月頃から

 

※着色料・保存料・香料不使用で赤ちゃんにも安心です

これなら暑い夏の外出時に食べ物が痛んでしまう心配が避けられ安心です。
アレルギーの心配や赤ちゃんが食べるかどうかわからないので、外で与える前に自宅で試しに与えてみましょう。

離乳食中期

離乳食初期(生後7~8ヶ月)は、順調に進んでいれば1日2食になる頃です。モグモグする練習をしている時期で、色々な食材にチャレンジしていく頃ですね。

バラエティー豊かな弁当タイプの物がキューピーから出ていて、レンジで温める事もでき持ち運び便利です。夏のお出掛けの際の食べ物が痛む心配もありません。

 

白身魚と野菜のクリーム煮 70g [7ヵ月頃から]×12個

※着色料・保存料・香料不使用で赤ちゃんにも安心です

離乳食後期

離乳食後期(生後9~11ヶ月)は1日3食になる赤ちゃんもいて、歯茎を使い噛む練習をしている頃です。食べ物の固さはバナナ程度を目安にしますので、外出時にバナナを持って出かけるのも良いですね。

市販の離乳食も魚・肉とバラエティー豊かな物が増えて、飽きずに食べれるようになっています。

キユーピー にこにこボックス 5種×2個セット(9ヵ月頃から)

 

バラエティー豊かな味わいで、思いがけず赤ちゃんが気に入っておねだりされる事もあります。

筆者は基本、手作り派でしたが、外出時だけ市販の物を活用していました。
手作りの物だと、傷むのが気になりますし、食べなかった時は捨てる事になります。ですが市販の物は朝の準備もいらず、赤ちゃんが食べなかったら開封前なら保存できるし、赤ちゃんも普段食べない物を食べると喜んで食べてました。

そのままでも食べれますが、ちょっと温めてあげると美味しくなります。

まとめ

今回はキューピーの物ばから紹介していますが、和光堂の物も同じく「アレルゲン7品目不使用」の物もあり、食べ物アレルギーがある赤ちゃんも安心してあげる事が出来ます。

普段はレトルトの物を赤ちゃんにあげたくないと思っているママさんもいらっしゃると思いますが(筆者もそうです)、外出する時は出かける前に離乳食を準備するとバタバタしてしまいますし、食品の痛みも気になります。

外出時ぐらいは、市販の物で楽するのもいいのではないでしょうか?

「キューピー」「和光堂」の物は着色料・保存・香料が不使用の物が多く、赤ちゃんに与えても心配ないでしょう。

適度な手抜きで、ストレス軽減してお出掛けしましょう♪

 

 

 

 

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-子育て

© 2021 マムズインフォ