ママのケア

授乳で腰と背中が痛い!今すぐどうにかしたいママ必見!

2019-12-19

赤ちゃんが生まれて幸せなはずがママの身体は辛くてボロボロ・・・な体験を多かれ少なかれ皆さん経験しているのではないでしょうか?

特に授乳をしている場合、赤ちゃんを抱っこしてミルクをあげていると、一日に数回毎日同じ体勢で行うので、腰と背中を痛めるママさんが多いのです。

きじりお
私は母乳育児でしたが、産後しばらくは母乳の与え方が慣れておらず、無理な姿勢で授乳していたので産後数日で腰が痛くなってしまいましたが、授乳が楽になるグッズを使用しだしてから痛みが和らぎましたよ。

 

ママの腰痛・背中痛の原因は?

産後は出産時に開いた骨盤が元の位置に戻っておらず、無理な姿勢を続けてしていると腰痛の原因になります。

授乳時のこんな姿勢が腰・背中の負担に!

・前かがみの状態で授乳

・添い寝しながら肩肘をついて横になり授乳

・長時間、腰をそらすような姿勢で抱っこ

これらを毎日行う事で、なかなか痛みが治らないばかりか酷くなっていく原因になっています。

 

腰痛・背中痛をいますぐ改善するのは?

腰痛だからと湿布を貼っても一時的にちょっと気持ちがいいかな?という程度で根本的には改善されません。

正しい姿勢で授乳をする事で負担を和らげます

赤ちゃんがまだ座れない時期は横抱きで授乳する事になりますので、赤ちゃんの下にクッションなどで高さをだしてあげると、ママが前かがみにならずにすみ、背中を伸ばした状態で授乳が出来ます。腕で支えなくていいので腱鞘炎・肩こり対策にもなります。

授乳クッションの選び方

クッションは普通の四角いクッションより、厚みのある大きめのしっかりとした硬めの授乳クッションがずれにくく使いやすいです。
背の高いママさんは、それだけ赤ちゃんとの距離が遠くなるので、なるべく大きな物を選んで下さい。

きじりお
授乳クッションがあるのと、ないのとでは授乳のしやすさが格段に違いますよ!

 

授乳をする場所は、背もたれがあるソファーなどに座ると背中に変な力が入らなくて、背中痛予防になります。
イスの背もたれは直角よりも角度が付いている物が快適!

私は出産直後は授乳クッションを持っていなくて、産後数日で腰と背中が痛くなりましたが、授乳クッションとロッキングチェアのおかげで授乳が格段に楽になりました♪

 

きじりお
出産する前は授乳クッションなんて、短期間しか使わないし買うのなんて勿体ないかも?と思って購入しなかったのですが、自分の身体を守る為、必須アイテムでした!

なければなくてもどうにかなると言うママ友もいますが、授乳の時の腰痛・背中痛に悩まされているなら購入する価値ありだと思います。

ロッキングチェアも授乳後にユラユラ揺らしながら、寝かしつけをしたり、自分もそのままウトウトしたりとかなり重宝しました。

子供が大きくなってからも、もちろん使えますよ。

 

添い寝しながらの授乳をやめる

添い寝しながらの授乳ってママにとって楽だったりするんですよね。

自分も寝ころべるし、赤ちゃんが眠ったら、そのまま布団に寝かしておいて動かさずにすみますから、起きてしまうリスクもありません。

ですが、添い寝しながらの授乳は産後で骨盤が不安定なママの身体に負担がかかっています
。腰痛に悩まされているならやめてみましょう。

 

ひどくなるとぎっくり腰に!

授乳で無理な姿勢を続けていたり、日々重くなる赤ちゃんを長時間抱っこする日々を過ごしているとぎっくり腰になる事もあります。

ぎっくり腰になると、整形外科に行って治療をしないと激痛に耐えられなくなってしまうので注意して下さいね。

 

腰・背中の痛みを今すぐ和らげたい

まず今日から正しい姿勢を心がけます!

正しい姿勢を保つ事って結構、筋肉を使います。
しっかり腹筋に力を入れて座ったり立ったりする事で、出産でたるんでしまったお腹を引き締める事だって可能です!

そして腰回りや肩をほぐすストレッチをするとかなり身体がほぐれますよ。

自宅でヨガもオススメです!

腰・背中痛の改善+産後ダイエットの効果もあると思えば、育児で疲れていてもモチベーションが上がりませんか?

もし時間的・経済的に余裕があるならば・・・全身アロママッサージ&温泉がオススメです。
筆者の場合は1回で腰痛がかなり楽になりました。
たまには自分にご褒美も必要です☆彡

産後の骨盤矯正に行く

授乳クッションを使って正しい姿勢で授乳したり、添い寝をやめてみても腰痛・背中痛が治らなければ、骨盤が歪んでしまっていて痛みを引き起こしている事が考えられます。

その場合はプロの方にお任せするのが手っ取り早いです!

産後骨盤矯正をする事で歪んだ骨盤を元の位置に戻す事ができ、太りにくい体質を手に入れる事も!
骨盤ベルトで骨盤を締めている方も、腰痛が気になるなら専門の方に診てもらうと良いでしょう。

 

 

 

 

 

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-ママのケア

© 2021 マムズインフォ