マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

食べ物アレルギー アトピー性皮膚炎

食物アレルギーと湿疹(アトピー)の関係

投稿日:2017-12-09 更新日:

1歳未満の子で食物アレルギーがある子のうち70%はアトピー性皮膚炎の症状もあると言われていますが、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は関係しているのでしょうか?
今のところ多くのアレルギー科や皮膚科では
「食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の直接の原因にはならない」と言われています。
ですが「アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの原因になる」とされています。

どういう事かと言うと・・・

卵アレルギーのある子供が、卵を食べて口の周りが赤くなったり発疹が一時的に出たりする症状が出たとしても、それがアトピー性皮膚炎になる原因ではないと言う事です。
アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの原因になるというのは、皮膚を掻いて傷が付く事によりアレルギー物質が体内に入りやすくなり食物アレルギーの反応が出ると言う事です。

ですが、食物アレルギーなのか、アトピー性皮膚炎なのかを判断するのは難しい事もありますよね。

例えば、顔に湿疹が出来ていてなかなか治らないとします。
その子は毎日牛乳を飲んでいましたが、しばらくの間、牛乳を飲むを止めてみました。すると顔の湿疹が出来なくなりました。
こういう場合は軽い牛乳アレルギーがあるけど、顔が腫れたりするような重度なアレルギーでないので湿疹と区別がつかなかったという事になります。

特定の食物がアトピーを悪化させる事はある?

冒頭で「食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の直接の原因にはならない」と医学的にされていると書きました。息子がのアレルギー小児科でも同じ事を言われていますが・・・

実体験としては、食べ物アレルギーではなくても特定の食物が皮膚の痒みを引き起こしアトピーが悪化する事もあると思っています。これはうちの息子の場合だけではなく、友達や親戚でアトピーがある子達のお母さん達も体験しています。

★アトピーを悪化させるとされている食べ物

・白砂糖が多く含まれる物(ケーキ・洋菓子・スナック菓子・チョコレート・アイスクリーム)など
・胃腸に負担がかかる脂っこい食べ物(ステーキ・から揚げ・焼肉・とんかつ)など
・高たんぱくな乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)など

アトピー性皮膚炎のある人は胃腸の消化器官が弱いとよく言われているので、上記の様な消化に負担のある食べ物がアトピーに良くないと言われるのも納得です
ですが、赤ちゃんや幼児の場合は白砂糖や高たんぱくな食事は避けられるとしても乳製品は、手軽にカルシウムが摂れるので制限する事が難しくなります。

★アトピーに良いとさせるとされている食べ物

消化に負担がかからない、和食中心の食事が良いとされています。
魚・お味噌汁・納豆・雑穀米など昔ながらの献立が日本人の身体には適しています。

きじりおの息子の例

うちの息子は卵・小麦・乳のアレルギーで、生後3ヶ月ぐらいから湿疹も出ていました。

1歳の時に腕の湿疹がひどかったのですが、その時に隣でホワイトソースのグラタンを食べていた子に腕を触られてしばらくしてから発疹が出始めてアレルギー反応が出ました。

ホワイトソースに含まれていた小麦・乳の成分が口からではなく、肌から侵入したのです。
食べた時ほど症状はひどくなかったので、病院で処方された飲み薬ですぐに症状は治まりました。

「アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの原因になる」とはこういう事だったんですね。

アレルギーではないけど、食べると必ず湿疹が悪化するのが「自家製トマトソース」
たくさん野菜が摂取できるので、頻繁に作ってストックしていたのですが、どうもトマトソースを食べると翌日はヒザ裏や太ももの辺りの赤味がひどくなります。
市販のスパゲッティー用のトマトソースは大丈夫です。

もともと牛乳アレルギーが2歳半頃まであったのですが、ヨーグルト・チーズ・牛乳は毎日食べても大丈夫です。

まとめ

湿疹がひどくてなかなか治らず、ステロイドを毎日塗る毎日・・・
どうしてアトピーがひどくなるのか?何か食べ物が悪いのかと色々除去してみたり。

特定の食べ物を除去してしまうと乳幼児の場合、成長に必要なカルシウム・タンパク質・鉄分などが不足してしまうんじゃないかと心配になったり・・・
アレルギー科や小児科で相談してみても、答えが出ない事も多いです。

母として、子供のアトピーを早いうちにどうにかしてあげたいと切実に願うものです。
結論としては、食べた物とアトピーの症状をメモしていき、変化を観察し、栄養面に影響が出ない程度に原因となる食べ物を除去するのがいいかなと思っています。

「食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の直接の原因にはならない」と言われていますが、やはり皮膚に炎症を起こす原因になるかなというのが我が子や、他のサイトでアトピーを克服した体験を見ていて思うところです。

スポンサーリンク

-食べ物アレルギー, アトピー性皮膚炎

執筆者:

関連記事

アレルギーのある赤ちゃんの離乳食の進め方

  乳幼児がアレルギーを起こしやすい食べ物は、卵・牛乳・小麦・落花生で、成長と共にほとんどの場合が治っていきます。 医師と相談して、避けるべき食材は離乳食の献立から外していきますが、自己判断 …

アトピーっ子がプールに入る時に注意する事

  子供は水遊びが大好き!夏になると幼稚園や小学校でプールの時間があったり、家族でレジャーでプールに行ったりする機会が多くなります。 子供をスイミング教室に通わせたいと思う親御さんも多いでし …

赤ちゃん・子供の牛乳アレルギーは治るの?

乳幼児の食物アレルギーで卵の次に多いのが「牛乳」 乳児の時に粉ミルクを飲ませると嘔吐・発疹・下痢などの症状が出て、慌てたお母さん、お父さんもいるでしょう。 症状がひどい場合はアナフィラキシーショックを …

ピーナッツアレルギーの症状と外食で気を付ける事

  ピーナッツ(落花生)アレルギーは以前は欧米で多く見られ日本では少なかったのですが、消費量が増えた為かアレルギーの人が増えています。小麦・牛乳・卵の様に成長に伴いアレルギーに対して耐性がつ …

赤ちゃんの食べ物アレルギーに注意!

赤ちゃんが誕生し、母乳や粉ミルクで栄養を摂ってきたのが生後5・6ヶ月頃から離乳食を始めていくかと思います。 親にとって、離乳食を食べる我が子を見るのはとても感動する出来事ですが、一方で進め方に悩んだり …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント