マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

アトピー性皮膚炎 0歳

赤ちゃんの頭皮がうろこ状に乾燥!どうしたらいい?

投稿日:2018-10-03 更新日:

赤ちゃんの頭皮がカサカサになりかさぶた状になっている症状を「乳児脂漏性湿疹」といい、主に生後3ヶ月頃~12ヶ月頃に見られますが、10%程は生まれて間もない赤ちゃんに症状が見られます。部位は眉毛の中やおでこ、頭皮など首から上に症状が現れ、他の乳児湿疹とは違います。

 

乳児脂漏性湿疹が出来る原因と対処方

【症状】

初期は赤味があるブツブツの湿疹、その後は黄色っぽいフケやかさぶたになり、うろこのような状態になります。

【原因】

乳児脂漏性湿疹は新生児期の過剰な皮脂分泌が主な原因です。

新生児は皮脂分泌が活発で、皮脂や汗の分泌が盛んです。ですが毛穴の機能がまだ未熟なので皮脂や汗が毛穴に詰まりやすくなっていて乳児脂漏性湿疹が出来てしまいます。

【対処法】

赤ちゃんの成長と共に過剰な皮脂分泌がおさまりますので、自然に乳児脂漏性湿疹も改善します。遅くとも1歳までに自然に治る場合が多いとされています。

頭皮にかさぶたが出来ている場合は無理に剥がそうとすると皮膚を傷づけてしまいまい、傷口に菌が発生してしまいますのでやめておきましょう。

気になる場合は、入浴前にベビーオイルやオリーブオイルなどをかさぶた部分に塗り15分程してからお風呂で洗い流すと取れる場合もあります。

入浴後は保湿をして肌を整えておきましょう。

まとめ

我が家の息子も生後3ヶ月頃~5ヶ月頃まで乳児脂漏性湿疹がありましたが、入浴前にベビーオイルでうろこ状になった部分を柔らかくし、洗い流す事を繰り返し(うろこは取れなかったけど)お風呂上りに保湿を繰り返していると、いつの間にかおでこや頭皮の中のかさぶたはなくなっていました。

口周りの赤いブツブツは、よだれやミルク、食べ物でかぶれてしまう事もあり、1歳ぐらいまでは荒れたままでしたが、こちらも頻繁にワセリンを口周りに塗り保護していたら治りました。

こんなにひどかった顔も、1歳を過ぎる頃にはツルピカ肌になっていました。

乳児脂漏性湿疹は写真ではわかりづらいですが、おでこ、髪の生え際と頭皮の中に出来ていて、いつも頭からフケの様な物がボロボロ落ちていたので、柔らかいブラシで取っていました。

 

スポンサーリンク

-アトピー性皮膚炎, 0歳

執筆者:

関連記事

赤ちゃんに安全な暖房は?

  これから寒い季節がやってきますね。大人だけの時は節約の為に暖房を極力付けないようにしているご家庭も赤ちゃんがいるとそうはいきません。 特に夜間は冷え込み、就寝中に分厚く重たい布団をかぶせ …

新生児と外出はどうする?

  一般的に新生児との外出は「1ヶ月児健康検診が終わってから」と言われています。 なぜなら生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が上手くできないのと、感染症への抵抗力がまだあまりないからです。 …

no image

アトピーケアにワセリンを夏場に使ってもいいのか?

アトピー体質の肌は乾燥しやすい為に、乳幼児のお肌のお手入れにワセリンを使っている方も多いと思います。皮膚科や小児科でも処方されますので安価で安心して使えますよね。 ワセリンの役割は肌自体を保湿するので …

アトピーの赤ちゃん・幼児に乳酸菌を与える方法

  アトピー性皮膚炎の改善に「乳酸菌」が良いと言われていますが、自然療法でアトピーを治す方法のひとつでもありますね。 身体の外からステロイドや保湿剤を塗るだけではなく、内側から改善していく事 …

子供のアトピーは自然治癒する?

  赤ちゃんの頃から乳児湿疹が発症し、そのまま小児期になっても症状が続き「アトピー性皮膚炎」と診断されたら、このまま一生治らないのでは?と不安になりますよね。 ですが、大人になるまで症状が続 …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント