子育て

授乳時に、片方だけしか飲まないのは良くない!対処法は?

2021-02-11

授乳をする時は、両方を交互に与えるようにと助産師さんから指導されていると思いますが、赤ちゃんが片方のおっぱいだけ嫌がったり、飲みたくなくて暴れたりして拒否をしてしまい、悩んでしまうママさんもいます。

また、片方だけ母乳を飲んで満足し寝てしまう事があったり、母乳が片方だけでないトラブルもあったり母乳育児にはたくさんの悩みがつきものですね。

ずっと片方だけ授乳する事は「おっぱいのトラブル」につながる事がありますので、良くありません。

きじりお
ですが解決策がありますので、両方共きちんとあげなければいけない!とストレスに感じる必要はありません。

今回の記事では、赤ちゃんが片方のおっぱいしか飲まない事例と対処法などをお伝えします。

片方だけ授乳すると良くない理由

赤ちゃんが、どちらか一方だけしか母乳を飲まない場合、ママのおっぱいがトラブルを抱える危険性があります。

飲まない方から母乳が出なくなる

母乳が出る仕組みは、赤ちゃんが飲んだ分だけ生産されるようになっているので、授乳していない方のおっぱいが出なくなってしまいます。ですので、赤ちゃんが片方だけしか飲まなかった場合は、搾乳して出すようにしておきましょう。

おっぱいの大きさが異なる

片方だけ授乳していると、授乳している方のおっぱいが大きくなり、もう片方はしぼんでいきます。
授乳によって生じた胸の大きさの違いは、将来的に同じ大きさに戻りますので心配はいらないそうです。

乳腺炎になる

授乳をしないと母乳が詰まってしまい、おっぱいに母乳が残ってしまいます。おっぱいがチクチクした痛みを感じるようになると「乳腺炎」になっている可能性があります。

 

 

片方しか授乳できない理由

片方だけ授乳する事が良くない事はわかっていても、赤ちゃんが嫌がっていたり、ママ側の事情で片側だけになってしまっている事があります。赤ちゃんが成長するにつれ好みもでてきますので、考えられる原因を一つづつ試していくしかありません。

「赤ちゃん言葉がわかれば解決できるのになぁ・・・」とふと思ったりしますよね

では、理由ごとに解決策をみていきましょう。

母乳が美味しくない

baby
こっちのおっぱいは美味しくなくて嫌だ!

母乳が美味しくない!?なんてママにとってはショックな事ですが、生後2・3ヶ月頃の赤ちゃんでもミルクや母乳が美味しくなくて飲みたがらない事があるようです。

母乳が美味しくない理由として、母乳が古くなってまずくなっているというもの。具体的な時間は最後の授乳(搾乳)から4時間以上経過していると、古いという事になります。

対策

授乳する前に、いつも飲まない方を少し搾乳しておくと古い母乳が出て、赤ちゃんが飲む時に美味しいものが出てきますね。

辛いものを食べたから、脂っこい物を食べたから、などの理由で母乳がまずくなるとよく言われますが、実際は医学的な根拠はありません。ですがママの体験から、何となく〇〇を食べた後は赤ちゃんがおっぱいを拒否するなんて事もあるようですね。ですが、片方だけのおっぱいを嫌がる場合は食べものは関係ないと言えるでしょう。

 

おっぱいが出過ぎる・少ない

母乳の出方が左右異なるのは普通の事で、勢いよく出過ぎたり、逆に出が悪かったりします。

baby
こっちのおっぱいは吸っても出ないの知ってるよ~。

まだ言葉を発せない赤ちゃんでも、おっぱいの出具合についてはしっかり記憶していて、前に吸った時に出なかったから嫌だ!とか、急に母乳が口にいっぱい入ってきて苦しかったから嫌だとかで、突っぱねる事があるようです。

対策

出過ぎる場合は、授乳する前に少し絞って与える事で問題は解決できます。
母乳量が少ないかな?と思える場合は、授乳時以外に適度に搾乳しておくと出るようになる事があります。

確認する方法は、自分で乳輪の周りをつまんでみて何カ所ぐらいから母乳が出ているか、量はどれぐらいか、勢いよく飛び出し過ぎていないかなど見てみましょう。

母乳は消費された分だけ作りだされるようになっているので、出ない方のおっぱいに「もっと生産して下さい」と指令を出せばよいのですね。

乳首が吸い付きにくい

ママの乳首の大きさや硬さは個人差があり、左右同じでない事もあります。

baby
こっちの乳首は短いから、うまく吸えないんだよ~

一般的に吸いにくい乳首の形は以下のようなものになります。

陥没乳頭

乳房の内側に乳首が凹んでいる状態の事で、よくある事です。
赤ちゃんは通常より吸う力が必要になり、ママも乳首に痛みを感じやすくなります。

赤ちゃんが吸っているうちに、刺激で乳首が出てくる事もあります。

扁平乳頭

乳首のでっぱりが少なく、乳房と乳頭が平らな状態です。陥没乳頭と同じく赤ちゃんが吸い付きにくいので嫌がる事があります。

巨大乳頭

乳首が赤ちゃんの口に含みにくいほどサイズが大きい乳首の事を言います。
具体的にどれぐらいのサイズとは言いにくいのですが、新生児は口を大きくあける事ができず乳首が口に上手く入らない事もあります。

長大乳頭

赤ちゃんが吸うのが難しいくらい長い乳首の事です。

まとめ

小さすぎ・大きすぎ、短すぎ・長すぎの乳首は、赤ちゃんが上手く吸えないので、通常よりも赤ちゃんが吸う努力をしないといけなくなり嫌がってしまうという事ですね。

片方だけで寝てしまう

「赤ちゃんが片方だけのおっぱいで満足して寝てしまう」という事があります。

baby
お腹いっぱいで幸せ・・・あ~眠いzzzz

おっぱいを吸って幸せ、お腹もいっぱい!でウトウトを眠りにつく事はよくありますよね。

ですが、1回の授乳で両方のおっぱいを吸ってもらうのはママにとって大切な事。

対策

片方の授乳時間を短くし、赤ちゃんがお腹いっぱいになる前に、もう片方を与えてみましょう。
もし、それでも吸ってくれない場合は、次回の授乳時に吸ってもらえなかった方から始めるようにします。

「数時間後にどちらか忘れないように、授乳ノートを付けるのもいいですね」

片方の乳輪・乳首が痛い

赤ちゃんが嫌がるのではなく、ママの事情である事もありますよね。

出産して間もなくの頃は、乳首がヒリヒリしたり切れたりして痛みがあり授乳できない状態である事もあります。
その場合は、乳首のケアをして両方から授乳できるようにしてみましょう。

傷が癒えるまで授乳が難しいようであれば、母乳の生産を続ける為に搾乳をしておきます。

 

ママのケア

2021/3/5

ファムズベビーは大人のスキンケアにも使える【口コミ】

バリア・スキンケアで知られる「ファムズベビーエンジェルフォーム」赤ちゃんから大人のスキンケアまで幅広く使えます。 有名モデルさん達の間でも愛用者が多く、人気ですね。 健康的は肌の方には必要のない商品ですが、敏感肌の方には肌トラブルを防ぐ事ができオススメです!   こんな方におすすめ 花粉・pm2.5・黄砂などで肌荒れする 日焼け止めで肌荒れする 金属アレルギーがある アトピーがある きじりお10年程前から、4月初旬~5月下旬頃までの間、顔に痒み・ゴワつき・乾燥が出るようになりました。 いつも使っ ...

ReadMore

アレルギー 子育て

2021/3/3

ファムズベビーを他の保湿剤・薬と併用する方法

ファムズベビーは肌を外からの刺激から守る「バリア・スキンケア製品」で、一般的な保湿剤とは異なります。 そのため、乾燥肌の場合は「保湿が足りない」と感じる場合もあります。 ファムズベビーは病院で処方されるヒルドイドや、他の保湿ローションやクリームと併用する事もできますが、同じような機能を持つワセリンは使用する必要がありません。 ファムズベビーを他の商品と併用する時の注意点、併用するのにベストが商品を紹介します。 ★★もくじ★★ ファムズベビーの特徴皮膚の保湿と保護のW機能バリア機能が長時間持続ファムズベビー ...

ReadMore

子育て

2021/3/2

ファムズベビーはどこで買える?お得に購入できる方法を紹介!

ファムズベビーは店舗、楽天市場・Amazon・公式サイトで購入する事ができます。 北海道から沖縄まで全国ほとんどの地域に取り扱い店舗がありますので、お住まいの地域でファムズベビーを購入する事ができるでしょう。 ファムズベビーを1個だけ購入したい場合は送料がかからない店舗での購入が安くなりますが、まずはお試しして肌に合わなければ返品したいという方はファムズベビーの公式サイトから購入がオススメです! 楽天市場・Amazonなどの通販サイトは、店によって値段が数千円変わる場合もあるので料金比較をして損のないよう ...

ReadMore

アレルギー 子育て

2021/3/3

ファムズベビーを乳児湿疹がある息子に使った口コミ

保湿&バリアが同時にできる「ファムズベビー エンジェルフォーム」 保湿だけ、バリアだけといった商品はありますが、2つのケアが一つの商品で出来る物は他にありません。 乳児湿疹は保湿だけでなく外からの刺激からガードする事が大事です。 今回は、息子が新生児~3歳頃まで使ったファムズベビーを使った感想と、他の方の口コミをまとめていますので参考になれば幸いです。 きじりおよだれ・食べこぼしで口周りと頬が真っ赤になっていましたが、ファムズベビーを使うようになって口周りの赤みがなくなりました。 発汗を邪魔しない 皮膚の ...

ReadMore

ママのケア

2021/2/27

授乳中に必要な鉄分摂取量・食事・サプリメントを知って、貧血を予防しましょう。

妊娠・授乳中は「鉄分」をしっかり摂取しましょうと産科医・助産師さんから聞いていると思います。 母乳はママの血液から作られているので、赤ちゃんに授乳している時期はたくさんの血液が必要になります。 鉄分は血液を作り出すための大切な栄養素の一つなので、しっかり摂取しないとママが貧血になったり、疲れやすくなったりします。 今回の記事では授乳中に必要な鉄分摂取量。食事で効果的に鉄分を摂取するには?手軽に摂取できるサプリメントを紹介しています。 ★★もくじ★★ 授乳中に必要な鉄分摂取量は?鉄分が多く含まれている食品鉄 ...

ReadMore

幼児教育

2021/2/27

ひらがななぞりん【口コミ】男の子も遊び感覚でハマる!

こどもちゃれんじ「すてっぷコース」のひらがななぞりん。 口コミ評判が良くて年中さんからの「ひらがな学習」に活用している人が多数です! 他の方のブログをチェックしてみると、どこのお子さんも楽しみながら「ひらがな学習」を始める事ができ、練習をしてお手紙を書いたりできるようになっていますね。 ですが、ブログに出てくるお子さん、男の子に比べて女の子が多い! 「じっと座る事ができない男の子でも、ひらがななぞりんは向いているの?」と我が子を心配するママもいるのではないでしょうか? 実際に、私のママ友からも「男の子でも ...

ReadMore

子育て

2021/2/27

授乳時に、片方だけしか飲まないのは良くない!対処法は?

授乳をする時は、両方を交互に与えるようにと助産師さんから指導されていると思いますが、赤ちゃんが片方のおっぱいだけ嫌がったり、飲みたくなくて暴れたりして拒否をしてしまい、悩んでしまうママさんもいます。 ...

ReadMore

 

 

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-子育て

© 2021 マムズインフォ