マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

0歳

赤ちゃんの寝かしつけが上手くいかなくてグッタリ!どうしたらいいの?

投稿日:2018-11-01 更新日:

 

生まれたての赤ちゃんはとっても可愛いものですが、新生児の間は昼夜の区別がつかず短い催眠サイクルを繰り返すので、寝かしつけを何度もする事になり、なかなか寝てくれないと困ってしまいますよね。

筆者(きじりお)も息子が生後3ヶ月ぐらいまでほとんど寝れずにフラフラでしたが、少しづつ寝るようになってくれて楽になりました。

赤ちゃんに授乳して、しばらく抱っこし、やっと寝てくれたと思い、布団の上に置いたらギャーと泣き出す・・・「赤ちゃんがなかなか寝てくれない!」と悩むお母さん方は多いものです。

赤ちゃんが夜にぐっすり寝てくれるようにするには?

昼夜の区別を教えてあげる

日中の間は日の光が室内に入るように明るくし、夜間は暗くします。そうする事によって夜になると睡眠ホルモンが分泌されるようになり、赤ちゃんが暗くなると寝る事を身体で覚えていきます。赤ちゃんが寝る2時間前ぐらいから一緒に過ごす部屋の照明も落とし、もうすぐ寝る時間だと赤ちゃんに教えます。

赤ちゃんが寝る部屋は暗くし、電気が必要な場合は光が赤ちゃんの目に入らないように気を付けます。

赤ちゃんが夜中に途中で起きた場合は電気を付けず、明るい部屋に連れて行く事もしません。

夏場の日が早く昇る時期は赤ちゃんの部屋に日の光が入って目覚めてしまわないように、シャッターを閉める、遮光カーテンを利用するなどして部屋を暗いままにする。

赤ちゃんが完全に寝てしまうまで抱っこしない

母乳で育てている場合は母乳を飲んでいる間に寝てしまう場合があり、難しいかもしれませんが、赤ちゃんが70%~80%ぐらい眠りに落ちそうだなという瞬間を見計らってベッドに置きます。お母さんが抱っこしている間に寝てしまうと、今度起きた時に抱っこされていない状態だと泣いてしまい、自分でもう一度眠りに付く事が出来なくなってしまうからです。

赤ちゃんが泣いてもすぐに抱っこしにいかない

赤ちゃんが寝ている間に泣き出して、すぐに抱っこしにいくのを繰り返していると赤ちゃんはさらに起きて泣き出すようになります。しばらく待ってから様子を見に行き、抱きあげず優しくさすってあげましょう。泣いて完全に目覚める前にもう一度、赤ちゃん自身で眠りに戻るように練習するのが目的です。

就寝時は赤ちゃんの目を見ないようにする

赤ちゃんはお母さんと目が合うと、遊ぶ時間だと思ってしまう事があります。それを避ける為に目を合わさず、その代わりにお腹や背中を優しくさすってあげ、静かな声で子守歌を歌ったりしてあげます。

夜間のおむつ替えは起きる度にしなくて大丈夫です

赤ちゃんのオムツは夜間寝ている間も、泣いたら替えましょう。と書かれている本を読んだり助産婦さんからアドバイスをもらったりしているかもしれませんが、起きる度にオムツを変えると赤ちゃんが眠りに戻りにくくなります。
夜間に尿漏れしないように、品質の良い夜用オムツを履かせ、匂いを嗅いでウンチをしているようならオムツ交換をします。オムツ交換をする時は冷たいおしりふきで赤ちゃんが完全に目覚めてしまわないように、お尻ふきウォーマーで温めた物を使います。
オムツを交換する時も明々とライトを付けないように気を付けましょう。

寝る前の習慣でベッドタイムをスムーズに!

もうすぐ寝る時間だよ~と知る事で赤ちゃんはリラックスして、早く眠りに付く事が出来ます。赤ちゃんが生後6習慣後から始めると良いでしょう。

寝る前はお風呂に入って、歯を磨いて、パジャマを着て、と順番を変えないで行うと赤ちゃんが寝る準備をしている事がわかってきます。その後に赤ちゃんが寝る部屋に行って、今日した事など赤ちゃんがわからなくても語りかける事で、お母さんの優しい口調にリラックスしてくるでしょう。その後は歌を歌ったり本を読んだりして、ベッドタイムに入ります。

毎日同じ子守歌を歌ってあげると、赤ちゃんはこれは寝る時の歌なんだと思ってくれます。
我が家の息子(3歳)は今でも寝る時に子守歌を歌ってとリクエストしてきますし、寝る前の本を読む時間を楽しみにしています。

まとめ

寝かしつけに成功して、赤ちゃんが夜長く眠れるよにうなっても、またしばらくすると寝てくれなくなる時期が訪れる時があります。生後4カ月、9ヶ月が変化しやすい時期と言われています。もし、また寝てくれなくなったら、寝かしつけ方法を繰り返し、赤ちゃんに夜は寝る時間だよ。と教えてあげるとまた寝てくれるようになる事もあります。

赤ちゃんの中には、なかなか寝てくれない子もいれば、布団に置くだけで寝てくれる子もいて、個人差があります。ですが、赤ちゃんに寝る時間だよと教えてあげる事で、入眠に入りやすくしてあげる事ができます。

今まで授乳しながら赤ちゃんを寝かしつけをしたり、眠りに落ちるまで抱っこしてあやしている場合は、一度やめてみて「赤ちゃんの寝かしつけ方法」を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-0歳

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの初めての言葉は何歳ぐらいで、どんな言葉?

  赤ちゃんは「平均的に何歳ぐらいから話し始めるんだろう?」とパパ・ママはワクワクする一方「うちの子はなかなか喋らないけど、遅いのでは?」と不安になったりもするものです。 話しだすのは個人差 …

新生児~赤ちゃん 夏の湿疹・アトピー対策!

新生児~赤ちゃんのお肌に赤いブツブツが・・・しかも何だか痒そう! 赤ちゃんの手足の関節、首などは暑くなると汗が溜まりやすく、肌荒れを起こしやすくなります。 これらの部位に赤いブツブツが出来てきた場合は …

新生児と外出はどうする?

  一般的に新生児との外出は「1ヶ月児健康検診が終わってから」と言われています。 なぜなら生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が上手くできないのと、感染症への抵抗力がまだあまりないからです。 …

赤ちゃんの断乳方法|1歳半の息子断乳エピソード

  母乳は赤ちゃんに必要な栄養がたっぷり含まれていて、離乳食を食べるようになっても与える事によって得られるメリットはあります。 日本では、平均的に1歳~1歳半の間で母乳をやめるお母さんが多い …

アトピーの赤ちゃん・子供にオススメの安心して使える日焼け止め

春~夏にかけて紫外線が強くなってくると、お出掛け時には日焼け止めが必須となってきます。 なぜ日焼け止めが必要なのかというと、紫外線に当たる事で元々乾燥しやすいアトピー肌はさらに乾燥してしまいますし、将 …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント