アレルギー

ミルクアレルギー用粉ミルクの比較~どうやってミルクを選ぶ?

2018-01-22

離乳前の赤ちゃんにとってミルクは大切な栄養源ですが、そのミルクにアレルギー反応を示す事があります。

そうなると栄養補給に支障が出るばかりではなく、重度の場合は命の危険にさらされる場合もありますので、ママはしっかり赤ちゃんの様子を観察しましょう。

ミルクアレルギーとは?

ミルクアレルギー、正式には「消化管アレルギー」と医療機関では言われています。

ミルクに含まれている「カゼインとβ-ラクトグロブリン」というタンパク質に、身体が過剰反応を示す事によりアレルギー反応が出ます。
ミルクアレルギーは生後数日で出てくる場合もあれば、数カ月で出てくる事もあります。また体調によりアレルギー反応が出る事もありますの。

産後、病院で粉ミルクを飲んでも大丈夫だったのに、ある日突然アレルギー反応が出たという事もあります。

こんな症状が出たら、ミルクアレルギーかも?

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 血便
  • 皮膚の発疹
  • 呼吸困難

赤ちゃんはよく吐きますし、便も緩く下痢との区別がつきにくいですので、早めにまずは医療機関で相談をしましょう。

他にも「いつも赤ちゃんの機嫌が悪くグズグズしている」「体重の増えが良くない」などがある場合は小児科で相談してみると、牛乳アレルギーの場合もあります。

 

関連記事
赤ちゃん・子供の牛乳アレルギーは治るの?

乳幼児の食物アレルギーで卵の次に多いのが「牛乳」 乳児の時に粉ミルクを飲ませると嘔吐・発疹・下痢などの症状が出て、慌てたお母さん、お父さんもいるでしょう。 症状がひどい場合はアナフィラキシーショックを ...

続きを見る

ミルクアレルギー用粉ミルクの選び方

アレルギー用のミルクはアレルギーの原因となるタンパク質を加水分解する事によりアレルギーを起こしにくくした物です。

アレルギー用ミルクは大きくわけて以下の2種類があるので、医師にどちらを選べがいいのか相談してからミルク選びをします。

  • 低アレルゲン化したカゼイン分解乳
  • 乳性加水分解乳

 

低アレルゲン化したカゼイン分解乳

軽い症状の湿疹、予防的に使用するもの(アレルギー対応ではありません)

牛乳のたんぱく質を細かく切る事により、アレルギー反応を抑える事が出来る粉ミルクです。軽いアレルギー反応の場合はこちらで対応する事が出来ます。アレルギー対応の粉ミルクより安く、赤ちゃんにとっても味が飲みやすくなっています。

 

会社名 森永乳業 森永乳業  明治乳業

 

商品名

E赤ちゃん MA-mi  ミルフィー

 

 

 
たんぱく質 窒素源 カゼイン加水分解乳  カゼイン加水分解乳  カゼイン加水分解乳
平均分子量 5000以下  2000以下  5000以下
乳糖 含む  含む  含む
備考

湿疹の程度は軽度のもの、もしくはアトピー性皮膚炎の予防用として 使用します。

 

 

 乳清蛋白質分解物、アミノ酸

飲みやすい味になっています。

 

 

 湿疹の程度は軽度のもの、もしくはアトピー性皮膚炎の予防用として 使用します。

味が飲みやすいと一番評判がいいのは「MA-mi」アレルギー予防用のミルクは普通の粉ミルクより味が全般的に悪くなりますので、必要でない場合は普通の粉ミルクの方が赤ちゃんには飲みやすいでしょう。

 

ミルクアレルギーに使用する粉ミルク

アレルギー検査で牛乳アレルギーと診断された場合にや医師に勧められた場合に使用します

会社名 森永乳業 明治乳業 雪印
商品名 ニューMA-1 エレメンタルフォーミュラ ビーンスターク
ペプディエット

 

 

たんぱく質 窒素源 カゼイン加水分解乳 カゼイン加水分解乳 カゼイン加水分解乳
平均分子量 1000以下   1500以下
乳糖 含まない 含まない 含まない
備考 乳清タンパク除去 乳性タンパク除去 大豆レシチン配合
乳清除去
特徴

従来の多くのアレルギー用ミルクで不足しがちだった成分(ビオチン、カルニチン)を国際規格に合わせて適量配合

精製アミノ酸のみをアミノ酸原とし、脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルなど乳児の発育に必要な栄養素を配合したミルク

ヌクレオチドをはじめ、ビタミン、ミネラルなどを必要な栄養をバランスよく含んだミルク

乳糖不耐症用

ガラクトース血症

アレルギー対応ミルクは基本的に赤ちゃんにとって美味しくなく飲みにくいのですが、味覚が形成される生後5ヶ月前に始めると比較的飲んでくれる事が多いです。母乳と混合の場合はやはり母乳の方が美味しいので飲んでくれない事もあります。

牛乳・卵・大豆にアレルギーがある場合は「ニューMA-1」「エレメンタルフォーミュラ」がおすすめです。

 

アレルギー用ミルクはどこで購入できる?

買う人が少ないので、近所のドラッグストアではなかなか見つける事が出来ない「アレルギー用ミルク」あっても欲しい商品を取り扱っていない事があり、粉ミルク探しに翻弄した!というママさん達も。

需要が少ない商品は通販でまとめて買うとお得で、送料も3,980円以上のお買い上げで無料などと設定しているショップもあります。

通販で買う時にミルクと一緒に、おむつ・お尻拭きなども一緒に買うと便利ですよ。

 

まとめ

嘔吐・下痢・血便・発疹などの症状が出てミルクアレルギーかな?と思ったら、まずはかかりつけ医を受診し、ミルクアレルギーかどうか?を判断してもらいます。

そこで医師の判断の元に「ミルクアレルギー予防ミルク」もしくは「アレルギー対応ミルク」のどちらにするのか決めましょう。

赤ちゃんがアレルギー用のミルクを飲んでくれない!

・母乳に慣れていて、お母さんのちくびじゃないと嫌だ!という赤ちゃんもいます。哺乳瓶のちくびをおっぱいに近い物にすると加えてくれる事もあるので試してみて下さいね。

・ミルクの味が美味しくない!商品によって味が違いますので、他の商品を試してみるしかありません・・・

筆者(きじりお)の息子の場合

基本は母乳で、私一人がお出掛けしないといけない場合や授乳に疲れた時に通常の粉ミルクを生後間もなく与えましたが、哺乳瓶を嫌がり全く飲みませんでした。ちくびを変えたり、ミルクの種類を変えたりしましたが、完全拒否!

なので、粉ミルクをあげるのをあきらめて母乳のみにしたのですが、離乳食が始まり「なんと息子は重度のミルクアレルギーだった!」事に気付いたのです。後々になって思えば、ボトルを嫌がって飲まなくて良かったなと思いました。

粉ミルクを赤ちゃんがどうしても飲みたがらないのは、もしかすると赤ちゃんの防御反応なのかもしれませんね。

関連記事
アレルギーのある赤ちゃんの離乳食の進め方

乳幼児がアレルギーを起こしやすい食べ物は、卵・牛乳・小麦・落花生で、成長と共にほとんどの場合が治っていきます。 医師と相談して、避けるべき食材は離乳食の献立から外していきますが、自己判断で除去をすると ...

続きを見る

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-アレルギー

© 2021 マムズインフォ