アレルギー

子供のアトピーは自然治癒する?

2019-09-28

赤ちゃんの頃から乳児湿疹が発症し、そのまま小児期になっても症状が続き「アトピー性皮膚炎」と診断されたら、このまま一生治らないのでは?と不安になりますよね。

ですが、大人になるまで症状が続く人は少数で、大人になってから治療をして治った人もたくさんいます。

お子さんがアトピー性皮膚炎だと、通常より食べ物や掃除、スキンケアなどに気を配らなければならず、大変な思いをされている親御さん方もいらっしゃるかと思いますが、いつか治る!と信じて付き合っていく事が大事です。

子供のアトピーは何歳ぐらいで治るの?

乳幼児の頃にアトピーが出来ていて、治ったという話しを友人・知人から聞いたりして、どうやって治ったのかなど教えてもらい我が子に試してみても全く治らなかった。という事はありませんか?
または、ネット上でアトピーが治ったというブログを読んで試してみたけど、いまいち効果がわからなかったり、道ですれ違ったママに声をかけられアトピー肌を心配されアドバイスされたり・・・

アトピー性皮膚炎は、個人によってどういう方法が合うのか違ってくるので、他の子供が治った方法でも全員がそれで治るとは限らないようです。

一般的な対処法とされているステロイドも、適切に使用して完全にアトピーが再発しない状態になった子もいれば、逆に悪化して治らない子供もいます。

ですが、一般的には1歳半までに大半の子供で症状がなくなり、6歳頃までには自然治癒すると言われています

成長と共に身体が強くなるので完治すると言う事なんですが、それにはバランスの取れた食事と、十分な睡眠、適度な運動が必要です。

筆者の子供は、通っている小児科の先生(脱ステロイド治療を勧めている有名な先生)から、タンパク質を十分に摂る事といつも言われています。
豆腐よりも、肉・魚の方がタンパク質が少量で多く含まれているので頑張って食べてね。と言われています。

我が家の息子は、肉・魚があまり好きでなく、豆類もあまり食べないので献立に苦労してますが。

自然治癒するまで出来る事

➀保湿

②必要な場合は薬物療法
ステロイドや他の軟膏を使用

③アトピー悪化原因の除去
ホコリ・ダニ・ペットの毛やフケ・カビ、ストレス

アトピー性皮膚炎の治療において、ステロイドを使用するかしないかは意見が分かれる所だと思いますが、どちらにせよ治る時期がいつか来るんだと思い、ケアを続けていくしかないと思います。

自然治癒の症例

他のママ達に聞いた、アトピー完治体験談を紹介します。

・生まれてしばらくして湿疹がひどく、皮膚はジュクジュク状態の重度のアトピーだった女の子が、ステロイドをプロアクティブ療法としっかりと塗り、保湿もしっかりと行ったところ、2歳には保湿のみで症状が出なくなりました。4歳現在では塩素入りプールに入っても大丈夫

・軽い乳児湿疹から2歳頃に湿疹がひどくなった女の子。医師には超敏感肌と診断されて、石鹸や洗剤も肌に優しい物を使用。
プロトピック軟膏とワセリン(サンホワイト)で3歳には完治し、5歳現在は外部の刺激にも症状が出ない皮膚になりました。

・乳児湿疹に加えて、食物アレルギーがあった男の子。手足に軽い症状と、卵を食べると口の周りの湿疹がひどくなっていましたが、2歳前には完治。
軽度だったので、短期間のステロイド使用で良くなりました。

 

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-アレルギー

© 2021 マムズインフォ