子育て

赤ちゃんの後追いで家事が出来ない時の対処法は?

2020-12-10

赤ちゃんの後追いは可愛い反面、一日中追いかけられるママにとってはしんどくなりますよね。

家事もなかなか出来ず、ストレスに感じる事も。

中でも大変なのが「食事作り」ではないでしょうか?

台所で料理をしている間に「足にしがみついて離れない」「ママに相手をしてほしくて、ずっと泣いている」「台所でハイハイしているので危険がないか心配」などなど、全く料理がはかどりません。

そんな時でも毎日3食作らなければならず、なぜか夕方に食事を作る時間になって後追いが激しくなる赤ちゃんが多いのです。

後追い時期は一生続くわけではないですが、毎日の事なので何か対策をする必要があります!

今回の記事では、赤ちゃんの後追いで家事が出来ない対策を紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

赤ちゃんの後追いってどんな感じ?

・ママがちょっと離れると泣く
・どこにでも後追いしてくる

という感じで、まだハイハイをしない時は泣いてママを呼ぶ。ハイハイしだすと、トイレやお風呂、料理をしている時は台所で足にずっとしがみついて離れなかったり、洗濯を干そうとベランダに出ると付いてきたりと、目を離すと危険な場合もあり、ママは冷や冷やしますね。

赤ちゃんが後追いする理由

赤ちゃんが6~8ヶ月になると、大切なママが他の人と違う事をわかり始め、ママを特別な存在になります。そんなママが視界から消えてしまうと不安になって泣き出してしまうのです。また生まれた頃より視力が向上し、他の人とママをしっかり見分けられるようになっているので、よりママが見えなくなると不安になってしまうようです。

「ママが大切な存在だから後追いしている!」と思うと愛おしく思いますね。そうは言っても、一日中何もしないで赤ちゃんとゆっくり過ごせるのならいいけど、料理は掃除もしないといけないとなると、はかどらず疲れてきますよね。

 

赤ちゃんの後追い時期に、ご飯が作れない時の対策

赤ちゃんがママの後追いをしてくる時に食事を作る際の一番のポイントは「食事作りに時間をかけない事」

材料を切るところから夕飯作りを始めると、平均して1時間かかっているというママさんが多いのですが、後追い時期に1時間集中して食事作りは至難の業と言えるでしょう!

 

ベビーゲートやバウンサーに赤ちゃんを入れておく

ママが見えているだけで安心して泣かない子は、台所で危険な物を触らないようにベビーゲートやバウンサーに入れて遊べるようにすると安心して料理が出来ます。
筆者はフィッシャープライスのバウンサーを活用していました。

 

おんぶする

ママに密着していないと泣く子は、おんぶ紐でおんぶすると両手が空き、料理もしやすいのでいいのですが、重たい赤ちゃんの場合は長時間になると疲れてきます。食材を切ったりする時だけおんぶし、あとは煮込むだけなどの献立にするとおんぶする時間が短くてすみます。

赤ちゃんが寝ている間に食材の下処理をしておく

まとめて時間を作る事は難しいので、赤ちゃんが寝ている間や、家族が赤ちゃんを見てくれている間に、材料を切っておくなど準備をしておくと、短い時間で料理を仕上げる事ができます。

ですが、ママの休む時間・自由時間がなくなるのが辛いところですね。

スーパーのお惣菜を活用

スーパーのお惣菜は手軽に買えるのですが、賞味期限が当日の物が大半なので、必要な日に買い物に出かける必要があります。

家から近くでいつでも買いに行ける方にとっては便利かもしれませんが、赤ちゃん連れでの買い物は大変だったりします。

さらにスーパーの惣菜には添加物が多く含まれているので、頻繁に利用するのはオススメできません。

 

生協(コープ)食品の活用

生協・コープでは、調理済み加工食品がたくさんあります。

豚の角煮、煮魚、酢豚、八宝菜、ハンバーグなど・・・他にも数えきれない程たくさんあります。添加物を必要最小限にしか使用しておらず、食材は国産の物を中心に使用されています。

毎日の夕食に1品取り入れるだけで、30分ぐらいは時短する事ができるでしょう。出来上がった商品の他に、生鮮食品や牛乳、ヨーグルト、パンなども一緒に注文すれば買い物に出かける回数も減らす事ができますよ。

【コープデリキット】

生協・コープにはミールキットもあり、材料はすでにカットされていて、調味料は分量がきっちり袋に入っていますので、調理時間は約10分で完了します。

10分程度なら赤ちゃんが後追いで泣いていても、どうにか料理ができそうな気がしませんか?

メニュー数は年間で400種類なので、飽きがきません!普段自分では作らないようなレシピも、手軽に作れて食事を楽しむ事が出来ます。

2~3人前は780円、880円が中心価格なので、スーパーで食材を買い揃えて調理するよりも安くつく事もあり、食材にムダがなくなるので食費節約になるかもしれませんね。

 

ミールキット・食材キットの利用

ミールキット・食材キットは材料がセットになっていて、決められた献立を煮る・炒めるなどして調理するだけで料理が完成するものです。

キットによっては材料を切らなければいけないもの、すでに切ってあるものなど各サービスによって異なります。

有名シェフが監修しているミールキット・食材キットもあり、美味しくて自分で作るよりいい!という声もあります。

栄養バランスの取れた献立で、料理作りの時短もできるのでオススメですが、コストが2人前で約1,000円~程度かかります。

 

宅配弁当

何にもしたくない!という場合は宅配弁当がオススメです。

冷凍された宅配弁当が届くので、レンジで数分温めるだけでOK!これなら赤ちゃんに後追いされても大丈夫ですね。

ご飯は付いていない弁当もあるのですが、炊飯だけならちょっと時間がある時にお米を洗って炊飯器にセットしておけば好きな時間に炊き上がります。多めに炊いておいて冷凍しておけば、ご飯もレンジでチンで終わり。

宅配弁当はミールキット・食材キットより料金が高くなりがちですが、安い物もありますのでお試ししてみても良いでしょう。

宅配弁当のオススメは「【お試しできる】家事の時短に便利な冷凍宅配弁当のおすすめ!」で紹介しています。

子育て世代に一番オススメの方法

赤ちゃんがいるご家庭で食事作りを時短する為に活用したいのは、生協(コープ)です。

赤ちゃん用品も取り扱っていて、離乳食を購入する事ができる他、食材も国産の物が多く安心して食べる事ができるからです。

後追い時期の赤ちゃんを連れての買い物も大変なので、自宅の玄関先まで持ってきてもらえるのは、ものすごく助かります。

赤ちゃんの後追い時期には、離乳食も宅配サービスを利用するのも一つの方法です。

後追い対策 その他の家事

状況に応じた後追い対策を紹介していますが、赤ちゃんによって効果があったり、なかったり個人差があります。色々試してみてお子さんに合った方法を見付けてみてはいかがでしょうか?

トイレ

多くのママが困っているのがトイレ・・・生理現象ですので我慢できません。我慢しすぎると膀胱炎になってしまうので気を付けましょう。

・赤ちゃんに「トイレに行ってくるからすぐ戻るよ」と声をかけてから行く
小さいから言ってもわからないだろうなと思っていても、意外とママの言う事をわかっていたりします。何度か繰り返しているうちに、ママはトイレに行ってもすぐに帰ってくるんだとわかるようになり泣かなくなる。

・ドアを開けて行く
ママの顔が見えるので赤ちゃんも安心

・声をかけながら、歌いながら行く
赤ちゃんにもよりますが、ママの声が聞こえているだけでOKな場合も

お風呂

旦那さんの帰宅が遅く、ワンオペの場合はお風呂を一人で入れる事になりますので、工夫が必要ですね。多くのママはゆっくりお風呂に入る時間がない人が多数!

・バスチェア
バスチェアに座らせて、お風呂用のオモチャで遊ばせる


・浮き袋式イス
湯船に浮かばせておいて、その間に自分の身体を洗う。
溺れないようにずっと見ておく必要がありますが、泣かずに待ってくれる子も

・子供が寝てからお風呂に入る
子供を洗う時は自分は洗わず、子供を寝かしつけてからゆっくり入る

 

掃除

・クイックルワイパー
いつでも手軽にさっさと掃除できるように、普段はクイックルワイパーでさっさと掃除。週1ぐらいで掃除機がけ。

・お掃除サービスを利用
余裕のある方は掃除サービスをお願いするのもあり!後追い時期だけ・・・と思えばさほど心苦しくない!?

・水回り掃除
トイレ・風呂掃除は後追いする赤ちゃんがいると難関ですので、昼寝中や夜間寝てからさっさっとする。

洗濯

・朝に洗濯するのをやめる
朝に洗濯して、外に干し夕方に取り込むというのをやめて、夜洗濯をして部屋の中に干す。

・洗濯乾燥機
洗濯乾燥機を利用すると干して取り込むという作業が省けて時短にもなります。

先輩ママ達はこうして後追いを乗り越えました!

・ずっと抱っこしていないと泣いている時期があったので、料理中・掃除中・洗濯物干しはおんぶして乗り切りました。

・ベビーゲートをキッチンに置いて赤ちゃんを入れてみたけど、結局は柵を握りしめて泣き続け、あんまり役に立たず・・・1歳頃からは料理中のみテレビを見せてました。

・トイレのドアは開けっぱなしで、さっさっとすませました。

・泣いていても短時間ならOKとし、赤ちゃんが昼寝をしている間に出来るだけ家事をこなすようにする。

 

 

まとめ

後追い時期は、追ってくる姿が可愛い反面、ちょっと一人にしてほしい!とストレスがたまる事も多いものです。ですがこの時期が過ぎ去ってしまうと、こんな事もあったな~と懐かしく思える日がやってきます。
今は大変ですが、ご紹介した後追い対策を参考にママがストレスにならない方法を試してみて下さいね。

筆者の経験から、家事を完璧にこなそうとせず、できれば時短家電を活用するのが一番かなと思います。購入費用はかかりますが、長い間使えますので将来的にかなりの時間を節約する事が出来ますよ。

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-子育て

© 2021 マムズインフォ