子育て

子育てでイライラして怒鳴ったり叩いたりしまう時の対処法

子育て中の親御さんの大半が、子育て中にイライラした事があると思います。
イライラとしてどうしようもない!という気持ちになるのはあなただけではないので安心して下さい。

イライラする理由は様々で、「子供がなかなか言う事を聞いてくれない」「出掛ける直前にグズグズする」「ご飯をなかなか食べない」「兄妹・姉妹喧嘩をする」などなど理由はたくさんあると思います。
子供が小さい間は、「ママ、ママ~とくっついて離れてくれず泣いてばかり 」などお世話が大変で自分の時間が持てず、家事も進まず・・・とイライラが募る事もあるでしょう。

どうして私達はイライラしてしまうのでしょう?

子供の年齢によってイライラする原因が違ってきますが、ほとんどの怒りの根本的な原因となる事は、親御さん方が思っている事と違う事を子供がする事によって怒りのスイッチが入ってしまうのではないでしょうか?

例えば、忙しい朝、子供を幼稚園や保育園に時間通りに送って行かなければいけないのに、ご飯をなかなか食べない、着替えがなかなか出来ない。
出掛ける直前になって〇〇がいる・・・と言い出す。

小さいお子さんの場合は、目を離すとイタズラをして危険。イヤイヤ期で手が付けられない・・・などなど。

子供に怒って怒鳴ったり、叩いたりしたらどうなる?

イライラする事によって、小さい子供に怒鳴ったり、叩いたりしてしまって後悔してしまうけど、また繰り返してしまい、どうにか止めたいと思っているけど、感情が抑えきれない。という事はありませんか?

小さい子供にとって親は、食事や住む場所を与えてくれ、愛情を注いでくれ、身の回りのお世話もしてくれる大事な存在です。
そんな親御さんから、抑圧的に怒鳴ったり叩いたりする事を繰り返し行われると、子供は将来的に自己肯定感が少なくなったり、人に優しくなれなかったり、IQにまで悪影響を与えてしまうと言われています。

怒りを鎮めるにはどうしたらいい?

親も人間ですので、ムカッとして一瞬にして怒りが爆発する事があるわけです。
そして目の前の可愛い我が子が、その時はまるで敵のように見えて対戦モードに切り替わってくるかもしれません。気持ちが対戦モードになると身体も反応し、ついつい手が出てしまったり、怒鳴ったりしてしまうように動いてしまいます。

そんな時は、「一呼吸おく」事を心がけましょう。

息を大きく吸って、吐き出し、身体の筋肉の強張りがなくなるまで待ちましょう。
そうする事で身体が対戦モードから平常モードに落ち着いてくるはずです。

「笑う」というのも一つの方法です。
親と子供の間に流れる、怒りの空気の流れを変える事で、冷静に子供に対応する事が出来ます。そうすると子供の方も親の意見をすんなり聞ける状況になります。
例えば子供が癇癪を起こして泣いている姿を、ふとじっくり見てみると、なかなか面白い顔で泣いていたり、足をバタつかせていたりと、笑いのツボにはまる事もありますよ。

それでもイライラが止まらない時は?

子供と別の部屋に行き、一人で物にあたる。泣いてみる。
叫びたい時は車の中など子供が聞こえない所に行き、気がすむまで叫ぶなどして
子供に怒鳴ったり、叩いたりしないように自分の感情をコントロールします。
くれぐれも子供から見えたり聞こえたりしないように気を付けて下さいね。親が爆発している姿は子供にとってものすごく恐怖です!

親が冷静に対応する事で、子供にも怒りの感情をコントロールする方法のお手本を見せる事にもなります。
子供は大人の行動を見て学んでいきますので、将来キレやすい子になってほしくないなら自分がまずイライラをコントロールしていかなければいけません。

イライラしない為に出来る事

時間に余裕を持つ

子供が出掛ける時にグズグズして時間に間に合わない!という事でイライラするというのはよくある話しです。
常に時間に余裕を持って行動すると、子供がモタモタしていてもイライラして「早くしなさい」と大声を出す必要がなくなります。

完璧を目指さない

子供に時間を取られて家事が出来ない、自分のしたい事が出来ないとイライラする事ってあると思います。
そんな時は、多少家事が出来なくでも大丈夫。手抜き名人になりましょう!

長い目で見守る

子供は成長過程ですので、失敗もすれば間違った行動をする事もたくさんあります。
出来なくても当たり前、失敗しても子供なりに頑張っているんだと思う事で、なんだか可愛く思えてきませんか?

 

まとめ

イライラして、子供を怒鳴ったり叩いたりする事は子供の健やかな成長の大きな障害になってしまいます。
また自分がそうした態度を取ってしまう事に自己嫌悪に陥ってしまったりと悪循環になってしまいますので「まずは一息つき落ち着く」というのを心がけてみて下さいね。

実は私も子供が小さい頃、生まれてから3歳ぐらいまで子供に対してイライラする事が多くありました。キッチンでお皿を全部割ってしまいたい衝動に駆られた事もありましたが、そこは理性があったので割らずにすみました。
普段はあまりイライラしないタイプなのですが、子育てって自分でコントロール出来ない事がたくさんあるので、ストレスが溜まりやすいんですね。
家事をしなければいけないからと家に居ると、余計にイライラしてしまうんです。

ストレスがたまっているなと感じたら、時間に縛られず子供のペースで出かけられる近所でのお散歩や、人との交流が苦にならないタイプであれば子育て支援センターなどに出掛けると気分転換になります。

私の場合は、家に同じ年頃のお子さんがいるママさんに遊びに来てもらったり、支援センターに行ったりと、出来るだけ子供と二人だけで家に籠る事がないようにするとイライラが少なくなりました。

 

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-子育て

© 2021 マムズインフォ