アレルギー

小麦・牛乳・卵アレルギー 幼児食のレシピ

2018-10-05

小麦・牛乳・卵のアレルギーは乳幼児で多いとされる食物アレルギーですが、この全ての食品に対してアレルギーがあるお子さんもいます。

でも、この3品を除去した食事って一体何を作ったらいいんだろう・・・?と悩みますよね。献立だけではなく栄養不足も心配です。

 

我が家の息子も小麦・牛乳・卵のアレルギーで、これらの食品を初めて食べた時のアレルギー反応と血液検査の結果にすごく落胆し、幼児食をどうやって進めていこうかと悩みました。

特に小麦なんて、幼児食でよく使われるうどん・素麺・パンなどに含まれていて、食べれないとなると、お米と芋類しか食べれないじゃない、と本当に困りました。

血液検査の結果は卵白4、卵黄3、牛乳3、小麦4、ピーナッツ4

先生から当面の間は全ての食品を除去して下さいと言われてました。

そこで参考にしたのがアレルギー対応の除去食レシピ本!

私が参考にしたのは「卵・牛乳・小麦粉を使わない 毎日の安心メニュー」

代替品として使用できる材料が紹介されていて、とても参考になります!

特にライスペーパーは、手づかみ食べ期の時に野菜やお肉など何でも巻いて、生のままでも焼いても食べられるので役に立ちました。

他にも息子にアレルギーがなければ知らなかった、米麺はスパゲティーを作る時に便利です。ビーフンは焼きそばやラーメンにも使えて美味しく食べれます。

子供が喜ぶメニューを卵・牛乳・小麦を除去した食材で作れるレシピで、息子も喜んで食べてました。やっぱり幼児とはいえ、毎日お米や芋類だけでは飽きてしまいます。息子の場合は麺類が好きだったようで、かなり食が進みました!

クックパッドでも検索すると色々出てきます!

「豆乳」「米粉」などで検索すると、沢山レシピが出てくるのでお気に入りを見付けて下さいね。

我が家では豆乳グラタン、豆乳スープ、米粉お好み焼き、米粉蒸しパン、などのレシピを検索してよく作っていました。米粉で餃子の皮なんかも作りました。

幼児期に必要な栄養素「たんぱく質」「炭水化物」「カルシウム」「鉄」他ビタミン類など、食物アレルギーがあると不足しがちになりますので、代替品でしっかり補いたいものですね。

 

 

 

 

-アレルギー

© 2021 マムズインフォ