子育て

赤ちゃんが泣いて買い物に行けない!私が乗り越えた方法はコレ

2020-11-19

赤ちゃんだから泣いてしまうのは仕方ないのですが、スーパーで大泣きされると周りの人に迷惑をかけてしまうし、冷たい視線や時には嫌味を言われたりと、ママは肩身の狭い思いをした事があるのではないでしょうか?

一度泣き出すと、どうあやしても泣き止まない時があり、焦れば焦るほど泣き止まない事態におちいる時があります。

そんな時に、私や他のママ達がどう対応したかを紹介しますので、ご自身の状況に合わせて色々試してみて下さいね。

赤ちゃん連れで買い物を済ませるコツ

食料品や生活品の買い物は、お店が空いている朝一の時間に行くと、赤ちゃんが多少泣いていしまっても、それほど人目を気にせずにすみます。

夕方4時以降になるとスーパーは一番混雑する時間帯になりますし、夕方になると黄昏泣き(理由がわからず、夕方になると激しく泣き出す)赤ちゃんもいますので、避けましょう。

 

▼赤ちゃんを連れて出掛けるスタイル別 買い物方法▼

抱っこ紐

・抱っこ紐で前向きに抱っこして、赤ちゃんに話しかけながら買い物する。

・抱っこひもで寝る赤ちゃんは、昼寝の時間を見計らって出掛ける

・ママが付けた歯固めネックレスを触らせる
*誤飲の心配がある物は避けます。

ベビーカー

・ベビー用のお菓子をあげる

・おもちゃを用意する
口に入れても安全な物を選びます。直径約4cm以下の大きさの物は、赤ちゃんが誤飲してしまう可能性が高いので避けて下さい。

おもちゃをベビーカに紐でくくりつけて、赤ちゃんが落としたり投げたりしても、どこかに転がっていかないようにします。

私は、よく歯固めを持たせていたのですが、最初の頃は赤ちゃんが投げていたので何度も拾う羽目に・・・なのでダイソーで購入した「おもちゃストラップ」「ひざ掛けクリップ」などにくっつけていました。

・昼寝の時間に買い物する
ベビーカーでよく寝る赤ちゃんなら、いつもお昼寝をしている時間帯にスーパーに歩いて行き、寝付いた頃にお店に入りお買い物します。

私の息子はベビーカーやカーシートに座るとすぐに寝るタイプだったので、食料品の買い物は寝ている時にさっさとすませてました。

1歳になるまでは、カーシートをベビーカーにそのままドッキングできる物を使って、車でドライブ中に寝たらベビーカーに寝たまま移動させ、買い物が楽ちんでしたよ。

抱っこ紐・ベビーカーを嫌がる赤ちゃん

抱っこ紐もベビーカーも全力で拒否!!という赤ちゃんや、一時的に嫌になる赤ちゃんもいますよね。

いったいママはどうすればいいのか・・・困り果ててしまいますよね。
そんな時は、無理に出掛けるより買い物の方法を変える方がストレスが溜まりません!

食料品の宅配サービス・ネットスーパーを利用すれば、外出せずに済むので、暑い日や寒い日など赤ちゃんを外に連れていきづらい時にも安心です。

赤ちゃん連れで買い物をするコツ

赤ちゃん連れの買い物は戦い!と言っても過言でないほど大変な時があります。戦いを平穏に終えるには「計画を立てて素早く動く」のがポイントです。

具体的には、

➀買い物をする物は、メモをしておく
②1週間の献立を大まかに決めておく
③いつも使う食品や生活用品・かさばる物などは通販で購入しておく

抱っこしながらショッピングカートを押したり、ベビーカーを押しながら買い物かごを持つのは結構大変ですよね。

なので、赤ちゃん連れで買い物するのは、買い忘れた物やお刺身などの生鮮食品だけするようにして、大半の物を宅配サービス・ネットスーパーを利用するのもストレスなく買い物をするコツです!

急に、その日のうちに買い物が必要になった場合は「買い物代行」を利用するのも選択のひとつですね。

 

 

 

 

 

 

 

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-子育て

© 2021 マムズインフォ