子育て

1歳児との一日のスケジュールどうしてる?

2019-03-17

1歳になると、ハイハイやよちよち歩きで動き回り、家にある物を引っ張り出したり、ママに抱っこしてもらわないと泣いてしまう子もいて大変な時期ですね。

一日家で一緒に過ごしていると、家事もままならずイライラしてしまうママもいる事でしょう。

今回は専業主婦で子供と一日中一緒に過ごすママさんに、一日の過ごし方参考例を紹介しますので、ご家庭の状況によってアレンジしてみて下さいね。

1歳児との一日の過ごし方

1歳頃になると、朝起きる時間やお昼寝の時間、寝る時間が大体決まっていると思います。
決まっていない場合は、毎朝同じ時間に起こして規則正しく生活する事で、一日のスケジュールが立てやすくなります。

一日のスケジュール

6:30 親子で起床
    家族揃って朝食
7:30 片付け・掃除・洗濯(週に3回)
    一人で遊べたら一人遊び。
9:00 支援センターで遊んだり、公園にお出掛け、おやつ 
10:30 お昼寝
11:30 お昼寝から起こす。ママ休憩orお昼ご飯準備   
12:00 昼食準備
12:30 お昼ご飯を食べる
13:00 昼食の片付け後、一緒に遊ぶ   
14:30 お昼寝
15:30 お昼寝から起こす、おやつ
     一緒に遊ぶ、洗濯物片付けなど家事の残り
16:30 夕食の準備
18:00 夕食
19:00 子供お風呂
19:30~20:00の間に子供就寝
20:00~23:00の間にパパ帰宅・食事、ママ寝る準備をして就寝

時間を上手く使えない時は?

朝早く起きて、家事もちゃんとこなして、外にお散歩にも出て、一緒に遊んであげたり、色々したい事はあるのに、まだまだ手のかかる1歳の子供と一緒に過ごしていると出来ない事もたくさんあります。

一日中テレビを見せてしまう

2歳頃までは出来るだけテレビを見せない事を推奨されていますが、家事が全く出来ない時などはテレビの力を借りるのも一つの方法です。教育系テレビなどを一日に30分程度見せるぐらいにしておくのが理想です。
一日中テレビを見せるのは、子供が見ていないとしても子供の成長に良くありませんので、やめましょう。

一日中ママにべったりくっ付いて、ママが何も出来ない

筆者の息子も1歳頃はベッタリくっついて家事をするのに苦労しました。
料理をする時は台所で足にしがみついているので、そのまま料理をしたり、抱っこししながら料理をしました。
この頃は惣菜物を買ってくる事も多かったですね。

洗濯は干すのが大変だったので、洗濯した後は干さずに全自動乾燥機を活用していました。

一日中抱っこしていないと泣いてしまう

私の周りのママ友のお子さんで、ずっと抱っこしていないと泣いてしまうというお子さんは何人かいました。
家に居ると泣いているのですが、支援センターやスーパーの子供広場など外に連れていくと機嫌良くしてくれる為、ずっと外に出ていた。というママさんがいました。

家事はお昼寝時間や、夜に寝てからする。抱っこひもでおんぶしながら料理をするなど工夫をして家事をこなしていたそう。

まとめ

ご家庭によって旦那さんが夜勤だったり、帰宅時間が早かったり遅かったりして子供とスケジュール通り過ごすのが難しいご家庭もあるでしょう。
ですが早起き早寝を心がけていると、保育園や幼稚園に入園する時に親子共に新しい生活にスムーズに慣れる事ができますし、子供の成長にとっても規則正しく生活する事はプラスになります。

1歳児はまだまだ出来る事が少ないですが、出来るだけ外にお散歩したり一緒に遊んだりする事で刺激になり脳の発達にも良いそうですよ。

よく読まれている人気記事

1

コープデリは独自のネットワークを生かして、こだわりの産地直送の野菜をお手頃価格で配達してくれるサービスです。 離乳食は専用のカタログ「きらきらBaby&Kids」で様々な種類を取り扱っており、 ...

2

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 ...

-子育て

© 2021 マムズインフォ