マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

ダイエット 産後のケア

母乳育児中の産後ダイエットで5kg減!

投稿日:

妊娠中に増加した体重は産後に少しづつ元に戻っていくものだと思っていたのに、妊娠前より体重が増えたまま元に戻らない!なんてママも多いはず。

母乳をあげていると赤ちゃんに栄養を与えているので、減った分食べなければ痩せれるはずなのに、なぜ痩せない???

筆者が母乳育児中に5kg痩せたエピソードを紹介します。

成功する産後ダイエットとは?

産後なかなか体重が元に戻らないと嘆いているママさんは多くいます。今までダイエットとは無縁だった人でも、赤ちゃんと家の中で過ごす事が多くなり運動量が減って体重が増加する一方だという人も。

特に高齢出産だった場合は、若い頃より代謝が落ちている分、いったん増えた体重を元に戻すのは至難です。

ちなみに筆者(きじりお)は高齢出産で、代謝の落ちまくった状態でのダイエットでしたが、なんと妊娠前の体重から5kg減!を達成したのです。

激しい運動や〇〇だけ食べるダイエットなどはしていません。もちろん母乳育児中なのでダイエットサプリ類なども摂取しませんでした。

母乳育児って自然に痩せるはずでは??

「母乳育児は自然に痩せる」と言われていますが、理由は母乳はお母さんの血液から作られいて、母乳を生産する為にいつもよりエネルギーを使っているから。

母乳を作るのに1日当たり約350kcal消費すると言われています。
身近な食べ物で比較するとチーズバーガー1個のカロリーが約330kcalなので、チーズバーガー1個食べたら母乳で消費したエネルギーとほぼ同じだけエネルギーを摂取した事になります。

350kcalを運動で消費しようとすると体重50kgの女性が普通の速さで(通勤や買い物)歩行すると3時間半かかります。

こうやってカロリーの摂取と消費を比較してみると、母乳一日分のエネルギーを摂取するのは簡単ですが、消費するのは結構大変な事がわかります。

母乳をあげていても痩せないのは
「母乳で消費しているエネルギーよりも多く食べているという事ですね」

わかっていたけど・・・ショックな気持ちはわかります。
赤ちゃんのお世話をするのは大変です。そこでちょっとご褒美にとチョコレートやチップスを食べてみたり、妊娠中と同じく母乳をあげているから2人分食べようなんて考えてしまいますよね。

それが母乳育児をしているのに痩せない原因になっています。

赤ちゃんがまだ新生児の頃は外出も減りますから、ちょっと歩くという事も少なくなります。なので母乳でエネルギーを消費しても、普段より身体を動かさない分、エネルギー消費量より摂取量の方が多くなってしまいがちです。

母乳育児は妊娠前と変わらない食生活をしていると痩せますが、油断してると逆に太ってしまいます。

産後どれぐらいで元通りになる?

産後すぐは、ママの身体は母乳を生産するのにまだ慣れていない状態で、赤ちゃんもおっぱいを飲むのに不慣れで飲む量も少量です。

母乳は必要なだけ作られるようになっているので、生後3ヶ月頃になり赤ちゃんのミルクを飲む量が増えてくる時期になると、その分母乳も多く作られるので、ママの体重も減ってくる頃でしょう。

平均的にですが産後6ヶ月程度で、妊娠前の体重に戻ったママさんが多いようです。筆者も大体6ヶ月程度で妊娠前の体重に戻り、そこから息子の離乳食期に入っても息子が母乳を沢山飲んでいたので痩せ続け、妊娠前より5kg減となりました。

母乳育児のダイエット方法

母乳を作るには、ママが栄養のある物をバランスよくしっかり食べなくてはいけません。なので〇〇だけ食べるダイエットとか過度の食事制限は授乳中には向いていません。

スポーツジムに通ったり、家でダンスやエクササイズをしたりする時間もなかったりしますよね。夜間授乳で疲れていて、そんな運動をするパワーもないかもしれません。

母乳育児のダイエットを成功させるのは、
「食べる物に気を付ける」だけで良いんです!

運動嫌いでも大丈夫!母乳でエネルギー消費出来る今の状況を利用して、通常時より楽に痩せましょう♪

 

どんな物を食べたらいい?

まず、間食をしていますか?しているとしたらどんな物を食べていますか?毎日チョコレートやプリン、クッキーなど食べてませんか?

市販の板チョコ1枚、400kcalもあるんですよ~。

和菓子も思った以上にカロリーがあります。どら焼き1個213kcal

スィーツ類、スナック類はダイエットの天敵です。
急に食べるのを止めるのは辛くて我慢できないかもしれませんね。ですが、家に買い置きしないようにして、食べたくても食べれない状態を作っておき、栄養バランスの取れた食事をしていれば身体が欲しなくなります。

甘い物が食べたくなるのは「栄養の偏り」と「ストレス」が考えられるからです。

間食はスィーツ類、スナック類の代わりに、ナッツ類・ヨーグルト・フルーツに置き換えると栄養があり、カロリーも下がるのでオススメです!

筆者はプレーンヨーグルトに少しメープルシロップをかけて、ローストされたひまわりの種をかけて食べてます。そうすると歯ごたえもあり満足出来るんです。夕食前にバナナを食べてお腹が空きすぎた状態にしないで夕食を食べると、食べ過ぎを防ぎます。

子供のおやつにも良い影響あり

赤ちゃんの離乳食が始まり、1歳頃にはおやつを欲しがったりするようにもなるでしょう。乳幼児用のスナック菓子が売られていますが、栄養補助にならない物が多かったりします。ですがママがヨーグルトやフルーツを間食で食べていると同じ物を食べれますし、それが子供にとって当たり前になるので、もっと大きくなった時にお菓子をねだらなくなるかもしれません。

我が家では3歳までチョコ・スナック類を与えないようにしました。3歳以降はお出掛けの時にちょっとしたスナックを持って出掛けるようになりましたが、家に居る時はおやつは果物と食べる小魚などです。

 

もっと痩せたいママさんは軽い運動を取り入れてみましょう

時間と体力に余裕があるようであればストレッチやワークアウトも取り入れていくと、痩せやすい身体作りや、部分痩せも可能です!

赤ちゃんと過ごす毎日ではジムに通う事は難しいでしょう。お金もなるべくかけたくない!そんなママさんでも一日10分~のエクササイズを毎日続ければ体型の変化を感じれると思います。

YouTubeで無料動画がたくさんあるので、ヨガマットがあればいつでも部分痩せストレッチを行う事が出来ますね。

 

子供と外出できるようになったら、運動量も増やす

新生児時期が終わり、ベビーカーでお出掛け出来るようになったらエクササイズを兼ねて近所を早足で散歩したりします。ジョガータイプのベビーカーが押しやすく、ジョギングも出来ます。筆者はそんな元気はなかったので、普通に歩くだけでした。

息子がベビーカーに乗っているとよく寝たので、一日1時間ぐらいは毎日歩いてました。

まとめ

子育て中で時間や体力がなくても、ダイエットをしたい気持ちがあれば少しの工夫で体重を落とす事が出来ます。授乳中は赤ちゃんのおかげで簡単にエネルギーを消費出来るので、痩せるなら今がチャンスです!

➀栄養のある物を適切な量食べる

②スナック菓子類を間食せず、フルーツやナッツに置き換える

③タンパク質をしっかり摂り、糖分を欲しない身体を作る

④さらに減量したいなら一日10分でもストレッチなどをして痩せやすい身体作りを

これらの事を気を付けながら美ボディママを目指してみましょう。

筆者(きじりお)が授乳中にしたのは➀②と気分転換を兼ねて散歩をほぼ毎日したぐらいで、妊娠前の体重より5kg減量しました!

卒乳して約4年経過した現在はまた増量しつつあるので、YouTubeで毎日ワークアウトしたり、ストレッチをしてます。好きなチャンネルは特になく、その日の気分によって色々試しています。

チャンネルの探し方は「ワークアウト」「エクササイズ」で検索すると沢山出てきます。「work out」と英語で入力すると海外の人がしている動画が出てきます。マンションにお住まいの方で階下への音が気になる場合は、「ジャンプなし ワークアウト」で検索しましょう。

激しい運動は苦手な方はヨガで筋力アップして痩せやすい身体作りをするのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ダイエット, 産後のケア

執筆者:

関連記事

産後の生理の再会はいつ頃から?

  妊娠によってお休みしている生理。 生理がない間は生理痛もなく、楽だしいいわ~なんて思っている人もいるでしょうが、次の出産をすぐにと考えているママさん達は、まだかな?と気になる事でしょう。 …

産後の骨盤ベルトは必要?効果はある?ママ達に聞いてみたところ・・・

  出産準備を始めてみると、これって本当にいるの?って思うような物ってありますよね。その中の一つが「骨盤ベルト」ではないでしょうか? 周りで出産した人に聞いてみると、使って良かったという人や …

産後に胸が垂れないように出来る対策とは?

  女性の身体は妊娠、出産で大きく変化しますが、出産経験がある女性が口を揃えて言うのが「胸が垂れた!」という悲しい言葉!筆者も例外ではありません・・・ 特に授乳育児をすると、切ないほど胸のハ …

授乳で腰と背中が痛い!今すぐどうにかしたいママ必見!

  赤ちゃんが生まれて幸せなはずがママの身体は辛くてボロボロ・・・な体験を多かれ少なかれ皆さん経験しているのではないでしょうか? 特に授乳をしている場合、赤ちゃんを抱っこしてミルクをあげてい …

産後の抜け毛いつまで続くの?対策は?

出産後、育児に追われて気が付かなかったけど「なんだか最近、前髪が薄くなってきた」「シャンプーすると手に抜け毛がごっそり絡まってる!」なんて経験ありませんか? 妊娠中の母体はホルモンバランスの変化により …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント