マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

卵アレルギー

卵アレルギー マヨネーズは大丈夫?

投稿日:

 

卵アレルギーだとマヨネーズは食べれないの?今までマヨネーズの原料に卵が含まれているなんて考えもしなかったのに、卵アレルギーの食べてはいけない物リストにマヨネーズが!!と気付く方もいるでしょう。

筆者も子供が卵アレルギーだと知るまで、卵が使用されているなんて考えもしませんでした・・・

日常生活で出番の多い「マヨネーズ」野菜やサラダに付けたり、お好み焼きにも使用されていますので、マヨネーズを除去しなければならないとなると、ちょっと不便な事もあります。

卵アレルギーでもアレルギーの程度により、加熱した卵を少量食べれる場合もあります。マヨネーズをどの段階で食べていいのか?代替品は?など悩まれている方は参考にしてみて下さいね。

卵アレルギーの場合は食べれるのでしょうか?

マヨネーズには卵黄が含まれているので、卵アレルギーで卵除去を医師から診断されている場合は「マヨネーズもNGです」

マヨネーズは生の卵と同等クラスの抗原がありますので、アレルギー反応が強く出てしまう可能性があります。

卵白にアレルギーがある場合

中には卵白にアレルギーがあり、卵黄は大丈夫なのでマヨネーズは大丈夫?と思われる方もいるでしょう。
マヨネーズの代表と言えるキューピーマヨネーズでは、製造過程で卵白と卵黄を分ける工程は、家庭でするのと同じような要領で機械を使って行われているので、マヨネーズに使用している卵黄に卵白の成分が付いている可能性もあるとされています。

その上で食べれるかどうかは判断して食べて下さいというような感じです。

マヨネーズを加熱したら食べれる?

マヨネーズをハンバーグに混ぜて焼くと、旨みとコクがアップしたり、野菜や魚介類にかけてオーブンで焼いたりするレシピなどがありますが、マヨネーズを加熱するので抗原性が下がり、加熱した卵を食べれる場合はマヨネーズもOKなのでは?と思いますよね?

この事について詳しく書かれている本や、WEBでの情報がなかなか見つからないのですが、マヨネーズは加熱すると卵黄が固まって、油と分離します。

筆者の個人的な意見になりますが、卵黄が固まるという事は、ゆで卵のように加熱された状態になるので、卵黄が生の状態でなくなるのではないか?と思います。
もちろん加熱した時間によって状態が異なるので、マヨネーズを加熱すると絶対大丈夫とは言えないのですが、ハンバーグなどに混ぜたマヨネーズはしっかり中まで火を通すので大丈夫なのではないかな?と思っています。

マヨネーズが食べれない場合

代替品は?

マヨネーズがNGとなると、ポテトサラダ・マカロニサラダ・お好み焼きなどのマヨネーズを使いたい料理の時に困るものです。

マヨネーズは「酢+油+卵黄」で出来ているのですが、ヨーグルト・絹こし豆腐・豆乳・オリーブオイルなどを使って、なんちゃってマヨネーズを作る事が出来ます。

油を大量に使わないのでヘルシーで卵アレルギー児だけでなく、大人も健康を考えると◎

おなじみのcookpadで「マヨネーズの代わり」でレシピを検索してみて下さいね。たくさん出てきますのでお好みのレシピが見付かるはずです。

作るのが面倒な人は・・・

アレルギー対応の「卵なしマヨネーズ」が市販で売られています。
我が家は手作りが面倒なので、こちらを利用していました。

キューピーから「卵不使用マヨネーズ」が出ていますし、オタフクの「1歳からのノンエッグマヨ」、「豆乳マヨ」などもあります。

マヨネーズはいつから?

卵アレルギーで「卵を完全除去」とされている場合は、もちろんマヨネーズも食べられません。

加熱した卵を少量だけ食べてもいい。という段階でもマヨネーズへの挑戦は不安なものです。

マヨネーズをいつから食べてもよいのか?は個人差が大きいところだと思いますが、加熱した全卵を食べれるようになってから、マヨネーズをハンバーグに入れて加熱した物や、ジャガイモにマヨネーズをかけてトースターで加熱した物などから、挑戦した方が良いのではないかと思います。
大丈夫なようなら、マヨネーズを加熱しないでそのまま少量与えて様子をみるなど段階的に進めていきましょう。

まとめ

卵アレレギーだとマヨネーズは除去しますが、代替品を使う事でサラダ類に対応する事も出来ますし、卵不使用のマヨネーズもあるので、焦ってマヨネーズが食べれるようにする必要もないかと思います。

加熱した卵が食べれるようになれば、生卵と同等クラスとされるマヨネーズは除去の最終段階で挑戦するといった感じになるでしょう。

筆者の息子の場合は卵アレルギーの症状が「全身痒くなる」「赤い発疹ができる」程度で命に関わる程ではなかったので、自己判断で除去を進めてしまいましたが、本来なら医師の診断の元に除去していくのが安心ですね。

 

スポンサーリンク

-卵アレルギー

執筆者:

関連記事

小麦・牛乳・卵アレルギー 幼児食のレシピ

  小麦・牛乳・卵のアレルギーは乳幼児で多いとされる食物アレルギーですが、この全ての食品に対してアレルギーがあるお子さんもいます。 でも、この3品を除去した食事って一体何を作ったらいいんだろ …

卵アレルギーの代替食材|簡単に作れる除去食レシピを紹介!

卵アレルギーと医師に診断され完全除去が必要だと言われた場合は、あらゆる食材に含まれる卵を避ける事になります。 卵は焼き菓子類や、料理のつなぎ、揚げ物などに使用される為、卵なしでどうやって料理をしようか …

卵アレルギー | パンを食べる時に気を付ける事

  「パン」と言っても色々な種類があり、朝食によく食べられる食パン、惣菜パン、菓子パン、フランスパンなどが主流ですね。 パンには卵が必ず含まれていると思っている方も多いでしょうが、全てのパン …

赤ちゃん・子供の卵アレルギーは治るの?

  アレルギーを引き起こす食品の中で最も多いのが卵。 主に卵白にアレルギーを引き起こす原因物質が含まれています。消化機能が発達していない乳幼児に卵アレルギーが多いのですが、成長と共に小学生ぐ …

卵アレルギーで除去する食品と代替食品

乳幼児に多い「卵アレルギー」鶏卵は加熱によってアレルゲン性が低下するので、アレルギーの程度によって、ゆで卵は食べれるけど、生卵はアレルギー反応が出てしまうなど、個人によって食べれる程度が異なります。 …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント