マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

0歳

新生児と外出はどうする?

投稿日:

 

一般的に新生児との外出は「1ヶ月児健康検診が終わってから」と言われています。

なぜなら生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が上手くできないのと、感染症への抵抗力がまだあまりないからです。

新生児とは生後4週間未満の赤ちゃんを指しますので、生後4週間以降の乳児期になってからでないと本格的な外出は控えた方がいいという事ですね。

とはいえ、買い物、ママ自身の通院、上の子がいてると園や学校への送り迎えがあったりと日常生活を送る上で外出せざるをえない状況がたくさんあると思います。

筆者の場合は実家が遠く日常的には頼りに出来ず、夫は仕事に行って日中はいなかったので、週末にまとめて夫に買い物に行ってもらい、私自身の通院時は遠くに住む母に泊まりで手伝いにきてもらいました。

 

新生児の外出 海外ではどうなの?

日本はわりと何事にも慎重に・・・という感じですが、欧米では問題がなければ産後の入院は一日。そして新生児の外出はデパートなどの人が多い場所やものすごく寒い日・暑い日でなければ、生後1日目からでも外出OK!と言われています。

ですが、感染症を防ぐ為に、人が多い場所に行くのは生後6週間~8週間を過ぎてからが推奨されています。

日本より赤ちゃんの外出に関して緩い感じですが、やはり感染症に関しては同じような捉え方ですね。

 

新生児と外出

新生児とどうしても外出しなければいけない時は、出来るだけ短時間で済ませれるようにしないと、ママの産後の肥立ちも悪くなる事がありますし、赤ちゃんにとっても負担になります。

また新生児は基本的に3時間毎にミルクを与えますので、それも考慮しましょう。

実家に行く

生後1ヶ月以内に多くの人が実家に行く事があると思いますが、遠方で新幹線や飛行機に乗る事は推奨されていません。
車で行く場合も、長距離になると赤ちゃんの負担になりますし、出来る事ならご両親に家まで来てもらう方が安心ですね。

菌がうつらないように、新生児期の赤ちゃんを抱っこする時は手を洗ってもらうなど配慮してもらいましょう。

買い物

産後でママの体調も万全ではない頃ですし、出来るなら旦那さんがお買い物してくれるといいのですが、無理な場合はスーパーや生協の宅配サービスを利用すると便利です。

筆者は宅配サービスの利用を産後しばらくして気付いたのですが、出産前にちゃんと近くのスーパーで出来るところを調べておいて、試しに利用しておけば良かったなと後悔しました。

どうしても買い物に出掛けないといけない場合は、混んでいない時間帯を選んでさっと済ませるのがいいでしょう。

おむつやお尻拭き、衛生用品などかさばる物は新生児と買い物に行って手で持って帰るのは大変ですので、アマゾンで定期購入すると値段も安くて玄関先まで宅配してくれるし便利ですよ。

2人目

2人目の出産の時は、ママも経験済みの事なので第一子の時より神経質になる事はないと思いますが、さすがに新生児の子を連れて上の子を公園に連れていったりするのはどうかなと考えますよね。

やはり生後1ヶ月を過ぎてから、母子共に健康に問題がなければ近くの公園やスーパーに短時間お出掛けするママさん達が多いでしょう。

お出掛けする時は「赤ちゃんは体温調節を自分で出来ない」事を考慮して、温度調節をしてあげましょう。

上の子が園や学校に行く場合は、送り迎えが大変なので下の子が新生児の間はお休みさせるママもいます。
ですが、上の子が一日家にいるとなるとママの負担が増えて大変になります。

園にバス送迎があり、近所にお迎え場所があるなら下の子を抱っこ紐で抱っこしてさっと出掛けても大丈夫なのでは?と思いますが、その辺りの判断は母子の健康状態や、環境によるでしょう。

時間帯

新生児と外出しなければいけない時に気を付ける事は「周囲からの感染症」「気温」

お出掛けする時間帯は、真夏の場合は日中の一番暑くなる時間帯を避ける。
真冬の場合は、早朝・夕刻の冷える時間帯を避ける。
人が多い場所に行く場合は、出来るだけ混雑する時間を避けるなどの配慮が必要です。

 

まとめ

新生児との外出は、やはりどうしても・・・という時にだけにしておいた方が万が一を考えると安心です。

お母さん自身も、産後2週間はしっかりと休んで休息し、3週間~4週間の間はこまめに仮眠して身体を休めるように推奨されています。

なので、新生児期は赤ちゃんもママも不必要な外出を避けて、周りの人の助けを借りゆっくり過ごす事が大事です。

家族や友人などの助けが期待できない場合は、妊娠中から利用できるサービスをお住まいの地域で探してみましょう。
上の子が手のかかる年齢であれば、下の子が新生児期の間だけでも利用できる預かりサービスを利用してみる事も考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

-0歳

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの寒さ対策で、あると便利なグッズ!

  体温調整機能が発達していない赤ちゃんは、大人と違って自分で体温を調節する事が出来ないので周囲の温度に影響を受けやすくなっています。 冬になると外に出る時はもちろんの事、家の中も適温を保た …

新生児と安全に添い寝する方法は?

赤ちゃんが誕生し、産院から自宅に帰ってくると24時間無休の赤ちゃんとの生活が始まります。新生児は一日のほとんどを寝て過ごすので、快適&安全に眠りにつく事は大切な事ですね。夜間の間、添い寝にするか別々に …

赤ちゃんの初めての言葉は何歳ぐらいで、どんな言葉?

  赤ちゃんは「平均的に何歳ぐらいから話し始めるんだろう?」とパパ・ママはワクワクする一方「うちの子はなかなか喋らないけど、遅いのでは?」と不安になったりもするものです。 話しだすのは個人差 …

実はメリットもある、正しいおしゃぶりの使い方!

赤ちゃんが口にくわえてモグモグとしている物・・・「おしゃぶり」 歯並びが悪くなる。外す時が大変!などと聞いて使わないお母さん達も多いのですが、欧米やヨーロッパではおしゃぶりの種類も多く、たくさんの赤ち …

歯ぐずりで泣く赤ちゃん、どうしたらいい?

  赤ちゃんの歯が生え始める時、痛みがあったりむずがゆかったりして泣く事があります。この症状は「歯ぐずり」と呼ばれていて、なかなか泣き止まない赤ちゃんにママは困ってしまいますね。 歯ぐずりの …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント