マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

アトピー性皮膚炎

アトピーに乳酸菌が良いって本当なの?息子が摂取した感想

投稿日:

 

アトピー性皮膚炎の改善に「腸内環境を整える事で改善につながる」と言われていますが、実際のところどうなの?と思われている方もいらっしゃると思います。
私も息子がアトピー性皮膚炎でどうにか治らないかと検索しているうちに乳酸菌を摂取する事で腸内環境を整え、痒みのない皮膚へと改善する方法を知りました。

今回はアトピーと腸内環境の関係と、体験談を紹介しますので、同じ様にお悩みの方の参考になれば幸いです。

なぜ腸内環境を整えるといいの?

アトピーになる原因はまだまだはっきりと解明されていませんが、皮膚の乾燥やバリア機能の低下によって、アレルギー反応や外部からの刺激によって発生すると言われています。
また、腸管内壁のバリア機能も弱っている事が多く、そこからアレルゲンが入り込みやすくなっている事もあると言われています。

ですので、乳酸菌の摂取により善玉菌を増やし腸内環境を整える事によって症状が改善されるのではないかと考えられています。

腸内環境を整えるには?

腸内でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす事で腸内環境が改善されます。
サプリメントなどで補わなくても、食事から善玉菌を増やす事も出来ます

・乳酸菌やブルガリア菌などが入ったヨーグルト
・味噌・醤油・お酢・ぬか漬け・納豆・キムチ・チーズ

ヨーグルトやチーズは子供が食べやすく、毎日でも食べる事が出来ますね。和食中心の献立にすると善玉菌を増やす食事を摂りやすくなります。

腸内環境を整えるだけではダメ

腸内環境を整える事は、アトピー性皮膚炎を改善させるかもしれない方法の一つ。「改善するかもしれない」程度なので、そもそも腸管内壁のバリア機能が正常に働いている事もありますので、乳酸菌摂取により何も改善されない事もあります。

またアトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥・外部からの刺激との関係もありますので、皮膚環境を良好に保つ事もしなければいけません。

どれぐらいで効果がわかる?

ビフィズス菌・乳酸菌を多く摂取するようにし、腸内環境が改善するまですぐに効果がわかるわけではありません。
乳酸菌サプリを販売している会社などでは、3ヶ月程は継続しないと効果がわかりにくいかも?とされていますので、気長に続ける必要があります。

医師も効果を認めている?

アレルギー科の先生は腸内環境の改善によるアトピー性皮膚炎の治療を、どう考えていらっしゃるのでしょうか?

筆者が数人のアレルギー科・小児科の先生に聞いただけですが、どの先生も「効果があります!是非積極的に摂って下さい」とは言いませんでした。
「効果があるかもしれないけど、あるとは断言できない。乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを毎日食べてみたら?」「タンパク質をたくさん摂取して、身体を強くする方が大事ですよ」「乳酸菌サプリなどは高価ですし、特に摂取しなくてもいいでしょう 」なんて感じの意見を頂きました。

実際に息子に乳酸菌サプリを摂取させてみました

息子の皮膚の状態

生後3ヶ月頃から乳児湿疹ができ、現在もうすぐ5歳で肌の状態は落ち着いていてステロイドやプロトピックなどの塗り薬は常時使用しなくても大丈夫な状態ですが、まだまだちゃんとお肌のお手入れをしていないと、すぐに症状が出てしまう息子の肌。

ちょっとした外部からの刺激ですぐに症状がでて、昼間はさほど掻いていないのですが夜寝ている間にボリボリと掻いています。
ここ数カ月は、ステロイド治療をしない先生の所に通うようになったので、塗り薬を一切使用していません。

カルピスのアレルケアを選びました

アレルケアのこども用には、大人用と同様「L-92乳酸菌」が配合されています。これは一般的な乳製品は摂取できない貴重な乳酸菌だそうで、子供の成長に欠かせないカルシウムも含まれているので、いいかなと思いました。ラムネの様な感じでおやつ感覚で食べれるのも小さい子供に食べやすくていいです!

「アレルゲンフリー製品」なので、食物アレルギーがあって乳製品が食べれないお子さんも食べれるので、ヨーグルトやチーズなどで乳酸菌が摂取できないので手軽に乳酸菌が取れない場合にも「アレルケア 」なら安心して摂取する事が出来ます。

アレルケア子供用を試してみました

 

 

3ヶ月続けた効果は?

サプリメントなので目に見えて劇的に変化した!という感じではありませんが、何となく掻きむしる事が減って、手に出ていた湿疹がほとんどできなくなり、腕や足の湿疹も悪化する事なく塗り薬を使わないでよい状態をキープ出来ているところです。

「アレルケア」の口コミをみても、痒みが減ったという方と、何の効果もなかったという方もいて、個人差があるといった感じでしょうか。

個人的な意見ですが、ヨーグルトや食品で出来るだけ乳酸菌を摂取するようにし、子供の偏食やアレルギーなどで十分に摂れていないようであれば、補助としてサプリメントを使用する感じでいいのではないかと思います。

我が家は息子の好き嫌いや、小食という事もあり「アレルケア」をあと1年は続けてみようかと思ってます。

ちなみに花粉症の私も、これを継続して飲んでいると症状が軽減されるので、春前から夏にかけて摂取してます。

まとめ

乳酸菌はアトピーに効果があるとされているけれど、個人差があり、痒みが軽減される場合もあるけれど、全く何の変化も感じられ事もあり。

食物アレルギーで乳製品が摂取できない場合は、アレルゲンフリーの「アレルケア」を試してみる価値はあり。

腸内環境を整えるだけでなく、外からのケアも大事!

 

 

スポンサーリンク

-アトピー性皮膚炎

執筆者:

関連記事

【体験談】赤ちゃんのアトピー治療の過程

生後2ヶ月~4ヶ月ぐらいの間に症状が出始めるアトピー。湿疹との違いは湿疹が慢性化(乳幼児では2ヶ月以上)続くとアトピーと言われています。病院によっては2歳までは乳児湿疹と呼び、アトピーとは診断しない所 …

食物アレルギーと湿疹(アトピー)の関係

1歳未満の子で食物アレルギーがある子のうち70%はアトピー性皮膚炎の症状もあると言われていますが、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は関係しているのでしょうか? 今のところ多くのアレルギー科や皮膚科では …

ファムズベビーをアトピーの息子に使ったレビュー・使い方

アトピー肌の赤ちゃん・子供の肌はとても敏感で、保湿剤選びは難しいもの。 副作用がなく安全と言われていて、病院で処方される「ヒルドイドクリーム」でさえも、 息子の肌には合わず、塗ると痒みが出るので使えま …

アトピーの赤ちゃん・幼児に乳酸菌を与える方法

  アトピー性皮膚炎の改善に「乳酸菌」が良いと言われていますが、自然療法でアトピーを治す方法のひとつでもありますね。 身体の外からステロイドや保湿剤を塗るだけではなく、内側から改善していく事 …

赤ちゃんの頭皮がうろこ状に乾燥!どうしたらいい?

赤ちゃんの頭皮がカサカサになりかさぶた状になっている症状を「乳児脂漏性湿疹」といい、主に生後3ヶ月頃~12ヶ月頃に見られますが、10%程は生まれて間もない赤ちゃんに症状が見られます。部位は眉毛の中やお …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント