泣かせないねんねトレーニングは効果があるのか?

泣かせないねんねトレーニングの著者達、経験したお母さん達によると「この方法が必ずしも全ての赤ちゃんに通用するわけではない」と述べています。
赤ちゃんの好み、性質がそれぞれ違うので、お母さん達がよく観察して赤ちゃんがどんな状態で快適だと感じるのか、そういう方法が効果的なのかを試して考えていかなければいけません。

トレーニングをしたからと言って、数日で急に赤ちゃんが一晩中寝てくれるようになるわけではなく、時間をかけて様子を見ながら方法を変えていき、成功するものです。トレーニング中はお母さん達も心身共に疲れます。

そして、一度トレーニングに成功しても赤ちゃんの成長と共に、また夜中に起きだして泣くようになる場合もあります。

まとめ

小児科医・看護師・睡眠専門医・育児専門家の方々が執筆された「赤ちゃんの睡眠について」の有名な本がいくつかありますが、それぞれ考え方やお勧めする方法が違います。
ある医師は「泣かせるねんねトレーニング」を勧めていたり、そもそも赤ちゃんにトレーニングなどせず「自然に赤ちゃんが起きるとミルクをあげあやし寝かせる」のを推奨する専門家の方もいます。添い寝についても賛成派や否定派など様々です。

専門家の中でもこれだけ考え方が違うのですから、どれが正しい方法なのかというのはないのではないでしょうか?
大切な事は親御さん、赤ちゃんが快適で苦痛にならない方法を自分達で見付け、子育てを楽しむ事だと思います。

ちなみに我が家では「泣かせるねんねトレーニング」をしましたが、夫が起きてしまい眠れないという事で中断。母である私が別室で寝ている赤ちゃんのベビーベッドの横にマットレスを敷いて、泣いたら授乳をしてあやして寝るという方法になりました。それでも1歳を過ぎた頃に夜間授乳をやめてからは一晩中寝てくれる日がやってきました。

その後は息子の成長過程で、また夜間起きるようになったり、一晩中寝てくれたりを繰り返しています。

現在4歳になりましたが、幼稚園入園と共に夜間起きて私達のベッドにもぐりこんでくるようになりました。寝顔が可愛いので追い返せません(笑)