マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

アトピー性皮膚炎

ファムズベビーをアトピーの息子に使ったレビュー・使い方

投稿日:2018-09-11 更新日:

アトピー肌の赤ちゃん・子供の肌はとても敏感で、保湿剤選びは難しいもの。

副作用がなく安全と言われていて、病院で処方される「ヒルドイドクリーム」でさえも、

息子の肌には合わず、塗ると痒みが出るので使えませんでした。

薬局で売られている「低刺激」「アトピー肌用」などと書かれている商品も、よくなるどころか悪化してしまったり。

息子が生まれてから長い間、保湿剤ジプシーを繰り返していましたが、

ようやく肌に合うと実感できる保湿剤「ファムズベビー」に出会う事が出来ました。

ファムズベビー

★ファムズベビーの良いところ

・ただ保湿をするだけでなく皮膚表面にバリアを作り、外からの刺激から敏感肌を守ります

・敏感肌でも刺激にならず安心して使える

・ベトつかず衣服に着いて落ちる事がなく、バリア効果が8時間続く

・泡状フォームで短時間でさっと塗れる

 

アトピー肌の3歳息子にファムズベビーを使った感想

ムースタイプの缶で見た目は小さいのですが、幼児の手足に朝・晩塗って

1ヶ月ちょっと使えます。乳児なら頭の先からつま先まで全身使っても1本で1ヶ月ぐらい使えるかと思います。

 

1プッシュすると弾力のある泡が出てくるので、気になる箇所にのせて刷り込んでいきます。最後まで押し切るとたくさん出過ぎてしまいますので、軽く押す程度でもピンポン玉程度の泡が出てきます。

お薬を塗る場合は塗った後にファムズベビーを塗っていきます。

3歳の息子の腕の上にワンプッシュした泡を載せました。

 

泡が皮膚に吸収されると、モチモチっとした肌に!

もちっとしてるので、手の平に付いて落ちません

 

しばらくは少しベト付いた感じが残りますが、すぐになくなりサラサラになります。

ローションタイプの保湿剤は、冬場はいくら手で温めて塗っても息子は「冷たいから嫌だ~」と言って嫌がるのですが、ファムズベビーは泡なので冷たさがなく「あわ、あわ~」と喜んでくれます。

夏場は、今まで日焼け止めで肌荒れする事もありましが、ファムズベビーを塗ると肌にバリアが出来るので、そのうえから日焼け止めを塗ると肌トラブルもなく塗る事が出来るので大活躍です。

 

アトピー肌に効果はあったのか?

外からの刺激に弱いアトピー肌を、ファムズベビーのバリア機能で刺激に反応しなくなった事で、湿疹が悪化する事が少なくなりました。

すでに出来ている湿疹は薬で治さないといけませんが、そこからの再発防止になっていると思います。

保湿効果としては冬場の乾燥する時期には物足りなさを感じるますが、春・夏はファムズベビーだけで十分です。

乾燥する季節は、他の保湿剤を塗った後にファムズベビーを塗ると、潤いを逃さないように蓋のような役割をしてくれています。

結果としては、まだまだ湿疹は完治していませんが、ステロイド剤の使用頻度を減らす事が出来ました。

アトピー性皮膚炎が出来る原因は様々なので、皮膚の状態を良好に保つだけではなかなか完治しないものですが、肌を良い状態に保ち、完治出来る方向に持っていけたらなと思います。

ファムズベビー、一般の保湿剤に比べてちょっと料金が高い気がしますが・・

雑菌が入らないようにコストが安いボトルではなく缶タイプにしていたり、原材料は厚生労働省が定めている物のみを使用しているなど、商品に安心感があります。

2個まとめて買えば送料もかかりませんし、5個まとめて購入すると1本プレゼントなので、これで息子のアトピーが少しでも良くなるのなら高い買い物でもないなと思ってます。

アトピー性皮膚炎の他にも、新生児から使えるので「お尻かぶれ」「よだれかぶれ」「あせも」「乳児湿疹」「頭皮湿疹」などにも対応できます。

さらに敏感肌のママも使えます!敏感肌の私は春先から夏にかけて花粉や黄砂、pm2.5などで顔が痒くなったり、赤く荒れてしまうのですが、

ファムズベビーを化粧下地の上から塗ると肌荒れがしません!!

この事が、息子の肌も外からの刺激からファムズベビーが守ってくれていると確信できた理由の一つでもあります。

乳児から年配の方まで、敏感肌、肌荒れで悩んでいる方は試してみる価値ありですよ!

スポンサーリンク

-アトピー性皮膚炎

執筆者:

関連記事

食物アレルギーと湿疹(アトピー)の関係

1歳未満の子で食物アレルギーがある子のうち70%はアトピー性皮膚炎の症状もあると言われていますが、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は関係しているのでしょうか? 今のところ多くのアレルギー科や皮膚科では …

【体験談】アトピー性皮膚炎 お風呂は入る?入らない?

  アトピー性皮膚炎の人の皮膚はバリア機能が弱く、お肌が乾燥しがちです。 お風呂に入って水に濡れると、肌が乾燥して痒くなりがちなので、お風呂にあまり入らない方がいいのかどうか悩みますよね。 …

【体験談】赤ちゃんのアトピー治療の過程

生後2ヶ月~4ヶ月ぐらいの間に症状が出始めるアトピー。湿疹との違いは湿疹が慢性化(乳幼児では2ヶ月以上)続くとアトピーと言われています。病院によっては2歳までは乳児湿疹と呼び、アトピーとは診断しない所 …

お子さんを食物アレルギーにしないために出来る事

  乳児の10パーセントに食物アレルギーがあると言われており、学童期までに多くの子供がアレルギーのある食物を食べられるようになりますが、それ以降もアレルギー症状が出てしまう場合もあります。 …

アトピーっ子がプールに入る時に注意する事

  子供は水遊びが大好き!夏になると幼稚園や小学校でプールの時間があったり、家族でレジャーでプールに行ったりする機会が多くなります。 子供をスイミング教室に通わせたいと思う親御さんも多いでし …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント