マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

0歳

うちの子「離乳食を食べないんです・・・」理由と対策は?

投稿日:2018-11-15 更新日:

我が家の息子が離乳食を始めたのは生後5ヶ月。離乳食初期・中期・後期と食材を増やしていき、食べ物の大きさや固さも少しづつ変えて与えていきました。
離乳食のガイドラインに沿って、息子が食べれるように色々工夫したにもかかわらず、ほとんど食べない!なぜ??

赤ちゃんに離乳食を与えたら、当然食べる物だと思っていたのに・・・
口に持って行ったスプーンと手で払い落したり、のけぞったり!お母さんはきっとショックを受けた事でしょう。

ですが、赤ちゃんが離乳食に興味がなく食べない事はごく自然な事なんです。それを知っただけで少しホッとしませんか?

今回は、赤ちゃんが離乳食を食べない理由や対策を紹介していますので、あなたのお子さんに合った解決法を見付けて下さいね!

なぜ赤ちゃんが離乳食を食べたがらないの?

いくつか理由がありますが、あなたの赤ちゃんがそれらの一つに当てはまるのか、もしくは複数に当てはまる場合もあります。また月齢によっても変わってきますので、赤ちゃんを観察して何が原因なのか探っていきましょう。

6・7カ月の赤ちゃん

赤ちゃんに離乳食を食べる準備が出来ていない

5・6ヶ月、早ければ4ヶ月頃から離乳食を始めますが、赤ちゃんによっては準備が出来ていない場合もあります。なぜならこの頃の赤ちゃんはまだ食べ物を食べる時の舌の動かし方の練習をしているところだからなんです。オモチャを口に持っていって舐めてみたり、舌を出してみたりして練習をしているのです。
もし赤ちゃんの唇にスプーンを当てた時に、舌でスプーンを押し返すようであれば、まだ準備が出来ていなくて、赤ちゃんが「もっと時間が必要なの」と訴えているのかもしれませんよ。

離乳食の感触が嫌だ!

今まではミルクだけを口にしてきたのですから、新しい感触・味のする物が、スプーンに乗っかって口の中に入ってくる事は赤ちゃんにとって抵抗があるものです。すんなり受け入れる子もいますが、嫌だと思ってしまう子もいるのです。

8・9・10ヶ月の赤ちゃん

8ヶ月以上になると、ほとんどの赤ちゃんが離乳食を食べる事が出来るように成長しています。

離乳食の感触にどうも慣れない

この頃になると、離乳食中期に入り食材の種類も増え、少しづつ形がある状態の離乳食になります。ですが、固形の食べ物の感触が好きではない赤ちゃんもいるのです。

食べるという一連の動作に「慣れていない」もしくは「わからない」

大人にとっては物を食べる事は自然で、特に何も考えず口を動かして食べる事が出来ますが、赤ちゃんにとっては多くの動きが必要なものなのです。

口を開けて、スプーンから食べ物を唇で取り、口を閉じ、噛む、飲み込む、という一連の動作が赤ちゃんにとっては難しい事もあるのです。

食べ物に興味がない

離乳食を始めるタイミングとして、親が食べている物に興味を持ち始めたら。とガイドブックなどに書いてあると思うのですが、なかなか食べる事に興味を持たない赤ちゃんもいます。

以前は食べていたのに、あまり食べなくなった

歯の生え始めが原因かも?

歯が生え始める時は歯茎の不快感や痛みがあります。その為に食べ物を食べる事も不快になり食べたがらない時期もあります。

ペースト状の食べ物に飽きたかも?

離乳食初期はドロドロのペースト状にした物から始めますが、赤ちゃんの成長に伴い、ペースト状の物では物足りなくなってきます。手づかみで食べれる離乳食の準備が出来ているのかもしれません。

赤ちゃんに離乳食を食べてもらう為に出来る事

スプーンに取ったペースト状の食べ物を赤ちゃんのテーブルの上に置いてみる

どうなるか予想は付くかと思いますが・・・赤ちゃんが食べ物を触って、もしかしてスプーンを投げるかもしれません。ですが、赤ちゃんに食べ物がどんな物かとわかってもらう為に触らせてみて感触を確かめたり、興味を持ってもらう事は大切な事なんです。
赤ちゃんが食べ物に触れた後に、スプーンで口元まで離乳食を持っていきます。
もしかすると、赤ちゃんの手に付いた食べ物を自分で口に持っていって舐めるかもしれません。
お母さんは散らかる事にイライラするかもしれませんが、ここは耐えて作り笑顔でもいいのでニッコリしましょう。お母さんが怖い顔で離乳食を運ぶと赤ちゃんにとって食事が嫌な事になってしまいますよ。

離乳食のガイド通りにいかなくても、赤ちゃんには個人差があるものだと考え、焦らず進めていきましょう。

赤ちゃんに歯磨きを習慣にする(歯がまだ生えていない時は歯茎)

月齢が低いうちはガーゼを指に巻いて、優しくお口の中をお手入れ。歯磨きを習慣にすると、赤ちゃんが口の中に異物が入ってくる事に慣れてきます。
同じ理由で、噛んだり・口に入れたり(喉に詰まるような小さい物は避ける)・舐めたり出来る赤ちゃん専用のオモチャを与えて、口の中に物を入れる感覚や、噛むという動作に慣れるようにしてあげる事で、離乳食の食べ方がわかなかった赤ちゃんが食べれるようになる事も。歯ぐずり対策のおもちゃがいいですよ!

味を付けてあげる

離乳食は薄味にしましょうと、離乳食ガイドに書かれているので出来るだけ薄味で調理されているかと思いますが、もしかすると美味しくないので食べてくれない事もあります。
離乳食中期以降であれば、塩や醤油を少々足すなどして、少し味を付けてあげると食べてくれる場合もあります。

赤ちゃんが興味の引くような食器を使う

1歳近くになると、動物の形をした食器や、好きなキャラクターの絵が描れた物などに興味を持つようになります。そこで、食べ物を食べると絵が見えるようになるなど、何か楽しくなる事を与えてあげます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?赤ちゃんが離乳食を食べない原因と対策をいくつか紹介しましたが、あなたのお子さんにあてはまりそうな事はあったでしょうか?

我が家の息子も離乳食を始めた頃、少しは食べるものの食べる量は離乳食のガイドブックに載っていた量ほど食べませんでした。時には全く食べない時もありました。そこで、食べ物を好きなように触らせて自分でドロドロ状の物も口に運ばせるようになるとペロペロ舐めるようになりました。
どうやら息子は食べさせてもらう事が嫌だったようで、掴み食べも早めにさせたところ、自分でパクパクと食べていました。

もう一つの原因は「離乳食は薄味で」を意識していたので、あまりにも味がなかったのか、塩や醤油を付け足すとパクパクと食べてくれました。

スポンサーリンク

-0歳

執筆者:

関連記事

赤ちゃんの後追いに疲れたママ・・・どうしたらいい?

  赤ちゃんの成長過程である「後追い」 1歳前後に始まる事が多数で、長ければ2歳頃まで続く場合も。 余裕がある時は「まぁ可愛い!」なんて言っていられるかもしれませんが、トイレやお風呂まで付い …

赤ちゃんの寝かしつけが上手くいかなくてグッタリ!どうしたらいいの?

  生まれたての赤ちゃんはとっても可愛いものですが、新生児の間は昼夜の区別がつかず短い催眠サイクルを繰り返すので、寝かしつけを何度もする事になり、なかなか寝てくれないと困ってしまいますよね。 …

新生児と外出はどうする?

  一般的に新生児との外出は「1ヶ月児健康検診が終わってから」と言われています。 なぜなら生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が上手くできないのと、感染症への抵抗力がまだあまりないからです。 …

赤ちゃんがなかなかハイハイしない時の練習方法

ほとんどの赤ちゃんは7カ月~10ヶ月の間にハイハイを始めますが、個人差がありますのでそれより早かったり遅かったりする子もいます。早く始めるのは心配ないでしょうが、10ヶ月を過ぎてもハイハイをしないと心 …

母乳が漏れてしまう!対策方法は?

  赤ちゃんがおっぱいを吸っていない時でも、母乳が溢れ出てくる事は母乳の出が良いママさんの場合はよくある事です。 母乳が多すぎる原因と対処法をご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。 &n …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント