マムズインフォ

子育て中ママの育児、美容、生活便利情報などを発信しています。

アレルギー全般 アトピー性皮膚炎

アトピーっ子がプールに入る時に注意する事

投稿日:

 

子供は水遊びが大好き!夏になると幼稚園や小学校でプールの時間があったり、家族でレジャーでプールに行ったりする機会が多くなります。
子供をスイミング教室に通わせたいと思う親御さんも多いでしょう。

ですが我が子のアトピーがひどい場合は、プールの塩素で肌が悪化しないか気になるところですね。
筆者の息子もアトピーの症状がひどい時はプールに入らないようにしていましたが、幼稚園に通うようになると水遊びの時間があるし、子供がレジャー施設のプールに行きたがるようになり、避けてばかりはいられなくなりまいした。

そこで今回はアトピー性皮膚炎がある子供はプールに入らない方がいいのか?塩素の影響や対策などを紹介します。

プールの塩素は肌に悪影響を及ぼす?

一般のプールや学校のプールでは雑菌を消毒する為に「塩素」が添付されています。一般家庭の水道水にも塩素が添付されており、濃度の上限は水道水もプールも同じとされていますので、思っているほど強くありません。
ですが、プールに入った後に身体や水着・バスタオルに染みついている塩素の匂いが気になるという事は、水道水より多くの塩素が含まれているのでは?と思ってしまいますよね。

さらに、私が学生だった頃にあった、プールに入る前に通過しなければいけない「腰洗い槽」の消毒液は水道水の50倍~100倍もの濃度の強いものです。近年では学校で使用している所はほとんどないそうなのですが、これがお子さんの学校で使用されている場合は、アトピー肌の子には痛みやヒリつきが起きたりする場合もあり、肌に良くありません。

プールに入ると肌荒れしてしまう

プールの塩素濃度はそれほど高くないけれど、プールに入るとアトピーの症状が悪化してしまう事はよくあります。

筆者の息子もプールに入った後は、アトピーが悪化する事があります。自宅のシャワーも塩素除去のシャワーヘッドを使用しないとアトピーが悪化するのですから、肌が弱い人にとって、塩素入りの水に入るという事はあまり良くない場合もあります。

ですがプールに入った後にきちんとケアをすれば、アトピーがものすごく悪化する事もありません。

プールに入ると肌荒れしてしまう原因として、塩素以外に屋外プールなら日焼けにより肌が敏感になっている。長時間水に浸かる事により、入っている間はいいのですが、上がった後に急激に身体の水分が奪われていき乾燥してしまい、痒くなる。などがあります。

アトピーがジュクジュクしていて、皮膚に傷がある状態でプールに入ると痛みなどの刺激がある事もありますので、プールに入らない方がよい事もあります。

プールに入った後のケアが大事

アトピーがある皮膚は塩素で肌荒れしてしまう事がありますが、子供の場合プールをずっと避ける事は困難な場合があります。

そこでプールに入った後にきちんとケアをする事で、肌の悪化を最小限に抑える事が出来ます。

1)プールに長く浸かりすぎない

肌がふやけて、傷つきやすい状態になってしまいます

2)プールから上がった後に、しっかりと洗い流し弱酸性の石鹸で塩素を洗い流す

3)肌が乾かないうちにしっかり保湿

親と一緒にプールに行く場合は、しっかりケアが出来るのですが、幼稚園・保育園・学校などでプールに入った時に、子供が自分でしっかりケアを出来るか?というところです。

幼稚園・保育園の場合は先生がしっかりケアしてくれる事もありますので、お願いしてみると良いと思います。
年中さんぐらいになると、普段から親子で洗う⇒保湿の練習をしておくと自分で出来る子もいるでしょう。

塩素不使用・塩素が少ないプール

体質によって、塩素がどうしてもダメなお子さんもいる事と思います。
最近では塩素を使用せず、他の方法でプールの細菌を除去している施設もあります。

WEBで、「塩素不使用のプール + 地域名」で検索すると何カ所か出てきます。主に関東地区で塩素不使用または塩素少なめプールの施設がいくつかあります。

塩素アレルギーである事も

アレルギー体質の子は塩素にアレルギーがある場合もあります。
プールに入った後に以下の様な症状が出たら「塩素アレルギー」である可能性がありますので、病院でテストしてもらう事も出来ます。

塩素アレルギーの症状

・咳
・鼻水
・鼻づまり
・くしゃみ
・湿疹
・倦怠感
・食欲不振

まとめ

アトピーが出来ているからプールに入れないという事はありません。
アトピーの症状によって、プールに入った後にきちんとスキンケアをしていれば、症状が悪化する事を防ぐ事も出来ます。

塩素入りプールがダメなようであれば、塩素不使用・少なめのプールもあり!

重度の塩素アレルギーの場合は塩素が含まれているプールは出来るだけ避け、飲み水も塩素除去の必要がある事もあります。

 

 

 

スポンサーリンク

-アレルギー全般, アトピー性皮膚炎

執筆者:

関連記事

新生児~赤ちゃん 夏の湿疹・アトピー対策!

新生児~赤ちゃんのお肌に赤いブツブツが・・・しかも何だか痒そう! 赤ちゃんの手足の関節、首などは暑くなると汗が溜まりやすく、肌荒れを起こしやすくなります。 これらの部位に赤いブツブツが出来てきた場合は …

赤ちゃんの衣類を洗濯する洗剤オススメ!

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんのお肌は薄くてデリケート。そんなお肌に触れる衣類の洗濯に大人と同じ様な洗濯洗剤を使っていいのでしょうか? 新生児の間はベビー用洗剤を使うと低刺激で安心ですが、ずっと分け …

食物アレルギーと湿疹(アトピー)の関係

1歳未満の子で食物アレルギーがある子のうち70%はアトピー性皮膚炎の症状もあると言われていますが、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は関係しているのでしょうか? 今のところ多くのアレルギー科や皮膚科では …

アトピーに温泉は効果があるの?

温泉に入るとアトピーが良くなった!という話しを聞いた事がある方もいると思いますが、温泉によるアトピー治療は副作用の心配もなく、近年注目されています。 温泉に行くと効能として「アトピー性皮膚炎」と書かれ …

ファムズベビーをアトピーの息子に使ったレビュー・使い方

アトピー肌の赤ちゃん・子供の肌はとても敏感で、保湿剤選びは難しいもの。 副作用がなく安全と言われていて、病院で処方される「ヒルドイドクリーム」でさえも、 息子の肌には合わず、塗ると痒みが出るので使えま …

きじりおのプロフィール

3歳の息子と夫、3人家族の専業主婦です。息子がアトピー、食物アレルギー、小児喘息とアレルギーマーチになり悩んだ事をきっかけに、調べた情報を同じように悩む方達と共有したいと思いブログを開始しました。他にも子育ての悩みやママの美容の事などを紹介しています。

最近のコメント